ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーのマネジメント 相手の知覚に働きけるもの

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーのマネジメント 相手の知覚に働きけるもの

5脳優位診断プログラム.jpg

コミュニケーションを成立させるものは受け手である。聞く者がいなければコミュニケーションは成立しない。無意味な音波しかない。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

情報発信と情報取得は

 

単なる情報の経路であり、そのやり取りの中にある知覚こそ、コミュニケーションです。シンプルに表現すると、コミュニケーションは、他人の知覚に「何かを入れ」ようとする行為ではなく他者の知覚が自分の知覚が、一時的に同期できるよう他人の知覚を整えてあげることです。たとえば、同じ絵を見ていても、美術家と観光客では、それぞれに認識が異なります。

 

同じように、2人が同一物を見ていても経験、環境、興味によって、その認識は異なります。他者の前に自分がある意味でとらえている物を置いて、自分と同じ意味でとらえてもらおうと願うのでは、コミュニケーションは成立しません。

 

コミュニケーションの具体的手段(言葉、音、絵)は、きっかけとしてしか機能しないばかりか、きっかけにさえならならい場合も少なくなりません。したがいまして、両者のどのような目的にあって、自分は相手のどの知覚に働きかけようとしているのかが分かっている必要があると思います。あなたは、相手のどの知覚に働きかけてますか?

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.