ホーム  > 経営コラム  > 経営チームについて 経営会議 "経営は事業を動かすOS"

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


経営チームについて 経営会議 "経営は事業を動かすOS"

トップマネジメントチーム

トップマネジメントだけが行いうる仕事は何かである。
事業全体を観ることができ今日と明日のニーズをバランスさせることができ、
最終的な意思決定をなしうる者だけが行うことのできるものは何か。

ピーター・ドラッカー

 

トップマネジメントミーティング


事業を動かすOS

ワードやエクセルが、OSの上で動いているのと同じように、
あらゆる事業も、経営というOSの上で動いています。
経営というOSは、8つの計器をもっています。
パイロットが様々な計器を見ながら操縦するのと同じです。
経営者というパイロットは、どのような計器を
みていく必要があるのでしょうか。

 

8つの計器

現在の事業に成功させるための
1.マーケティングという機能です。
次に未来の顧客を生み出す2.イノベーションいう機能です。

 

このマーケティングとイノベーションの二つの機能は、
3.ヒト、4.モノ、5.カネといった3つの資源に100%依存します。
この3つの資源がなければ、たとえどんないい考えも、
単なる絵に描いた餅に過ぎません。

 

また、それらの資源を無駄なく成果を変えるのが6.生産性です。
7.社会的責任を果たし、事業をさらに良くしていくための
蓄えとして、8.売上と利益を確保することが求められます。
これら8つが、経営というOSがもつ計器です。

 

OSをバーションアップ

事業を成長させ、組織を繁栄させていくためには、
経営というOSをバージョンアップさせていく必要があります。
今日は、クライアントの経営会議に同席し、丸一日かけて、
8つ領域において立てた目標に対しての進捗確認を行いました。
ドラッカー教授が述べられている、
「事業全体を観ることができ今日と明日のニーズを
バランスさせることができ、最終的な意思決定を行う仕事」の支援です。

 

  1. マーケティング (現在の事業に成功すること)
  2. イノベーション (未来の顧客を生み出すこと)
  3. ヒト (人的資源の最大化)
  4. モノ (物的資源の最大活用)
  5. カネ (経済的資源の有効活用)
  6. 生産性の向上
  7. 社会的責任
  8. 売上と利益

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

 

満員御礼、ありがとうございます

 

drucker-経営会議バナー.jpg

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.