ホーム  > 経営コラム  > 迷った時の4つの視点

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


迷った時の4つの視点

トップマネジメントコンサルティング20130216.jpg

リスクには基本的に、四つの種類がある。 第一に負うべきリスク、第二に負えるリスク、 第三に負えないリスク、第四に負わないことによるリスクである。
ピーター・ドラッカー

将来にわたって繁栄し続けるために

 

今日も「一時的な対処法」ではなく「普遍的な基本と原則」をお伝えします。あらゆることにリスクが伴います。リスクとは、「得たい結果が得られなかった時に起こるデメリット」です。リターンとは、「得たい結果が得られた時に起こるメリット」のことです。あらゆることが、リスクとリターンのせめぎ合いです。やってみなければわからないことはたくさんあります。むしろ社会はわからないことだらけです。あらゆるリスクを避けようとすれば、あらゆるリターンも失ってしまいます。では、リスクについてどのように考えればいいのでしょうか?。

ドラッカー教授はこう言っています。「リスクには基本的に、四つの種類がある。 第一に負うべきリスク、第二に負えるリスク、 第三に負えないリスク、第四に負わないことによるリスクである」。何か新しいことに挑戦される時、それが「負えないリスク」であれば挑戦されない方が賢明です。それは、「負ってはいけないリスク」ですから。その一方で、将来にために必要なもの。それは取り組まれることをお薦めします。そこに、「リスクを負わないことによるリスク」があるのですから。

たとえば、あらゆる企業で避けて通れない課題の一つが、人材の育成、後継者の育成です。あくまでも一つのたとえです。人材の育成や後継者の育成に関するリスクを避ければ、会社の明日はありません。人材の育成や後継者の育成は、「負うべきリスク」、「負えるリスク」を超越した、「負わないことによるリスク」です。何かに迷いが生じた時は、四つの視点でリスクを検討されてみることをおススメします。「得たい結果が得られた時に起こるメリット」を実現するために、そして、将来にわたって繁栄する経営基盤を構築するために。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.