ホーム  > 経営コラム  > マーケティングは経営理念からはじまる

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


マーケティングは経営理念からはじまる

経営理念0406.jpg

マーケティングは顧客からスタートする。顧客の現実、欲求、価値からスタートする。
我々の製品やサービスにできることはこれである、ではなく、
顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれであると言えなければならない。
ピーター・ドラッカー 

経営理念を問いただす

 

現在、上海にある某企業のトップマネジメントチームの方々とマーケティングを取り組んでいます。マーケティングとは、宣伝のことでもありませんし、広告でもありませんし、営業のことでもありませんし、販売のことでもありません。ドラッカーはこう言っています。「マーケティングは顧客からスタートする。顧客の現実、欲求、価値からスタートする。我々の製品やサービスにできることはこれである、ではなく、顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれであると言えなければならない。」

顧客からスターとするということは、「どんな想いでお客様のお役に立とうとしているのか」「どんなお客様のお役に立ちたいと望んでいるのか」を明らかにするということです。それは、会社の根本的な考えを問いただすものです。会社の根本的な考えとは、経営理念です。顧客からスタートするということは、経営理念から踏み出すことに他なりません。

経営理念とは、「わが社の社会に対する根本的な考え」で、ミッション(使命)とは、「わが社が社会に貢献できる具体的な何か」です。そして、ビジョンとは「わが社の使命が実現した時の状態」です。現実、経営理念はあるものの、言葉だけが美しく、そこにどんな想いが込められているかわからないということがあります。そんな時に立ち返るのが、創業の想いです。創業者は、どんな想いで事業を起ち上げ、どんな想いで事業を進めてきたかー。試行錯誤の開発、会社の節目となる商品の変遷など、会社の歴史を彩るものがあります。そんな創業の想いに立ち返る時、経営理念が生きたものとして息を吹き返します。

もちろん、経営理念は過去に閉ざされたものではありません。未来の社会に向けて自分たちは何を成し遂げようとしているのか、自分たちが想い描く未来の中にこそ、会社の使命があります。御社のさらなる繁栄のためにも、顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれであると言える状態になっていただきたいと思います。ぜひ、御社の経営チームで、経営理念を問いただし、自分たちの事業はどんな想いから成り立っているのかを確認する場を持たれることをお勧めします。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.