ホーム  > 経営コラム  > 目標でチェックしておきたい3つのこと

ドラッカーの経営コラム

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


目標でチェックしておきたい3つのこと

トップマネジメントコンサルティング20130216.jpg

明日を実現するための第一歩が、昨日を廃棄することである。
しかし、明日新しいことを行えるようになるための前提は、
もはや生産的でないもの、陳腐なもの、陳腐化したものから自由になることである。
ピーター・ドラッカー

前期とは違う望ましい結果を手に入れるために

 

2、3日が過ぎれば

多くの会社が、4月から新しい期がはじまります。
一方、決算期ではなくても、新しい時を迎えるにあたって、
気持ちを新しくすることと思います。
しかし一度新しくした気持ちも出勤して2、3日が過ぎれば、
普段の状態に戻り、新しい気持ちを忘れてしまうのが現実ではないでしょうか。
では、どうすればいいでしょうか。 

 

この3つがあれば

そこで、新しい気持ちを忘れても、目標に3つのことを組み込んでおけば、
新しい気持ちをそのまま仕事に反映させることができます。
その3つのこととは、「前期やっていた事で何かをやめる」
「前期やっていたやり方の何かを変える」
「前期やっていない事で何か新しいことを始める」です。
まとめると、ストップ(やめる)、チェンジ(変える)、スタート(始める)です。
この3つがなければ、よくて前期の同じ結果しか期待できません。
この3つがあれば、前期とは違う結果を創り出していくことができます。

 

目標の中に組み込む

一番難しいのが、ストップ(何かをやめること)です。
ドラッカーは、「もはや生産的でないもの、陳腐なもの、陳腐化したもの」に
縛られることなく、それらを廃棄せよと言っています。
ぜひ、前期とは違う今期にするために、
ストップ(やめる)、チェンジ(変える)、スタート(始める)
という3つを社内で決定され、その決定を目標の中に
組み込まれることをお薦めします。
前期とは違う望ましい結果を手に入れることでしょう。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.