ホーム  > よくある質問  > 経営人材の育成とは?  > リーダーシップとは何ですか?

ドラッカーに関するよくあるご質問

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。ピーター・ドラッカー


リーダーシップとは何ですか?

ドラッカーの経営人材育成6.jpg

リーダーが育つ企業にあるもの

 

 

事業はいま現在成功しなければならないし、
同時に新しいものを生み出していかなければならない。
そのために必要な人材を採用し、部署に配属させ、
育てていかなければならない。

 

「将来こうなった時に、こんなリーダーが必要だから、
今のうちからそのリーダーを育てておこう」。
そう考え、あらかじめ手を打てればいいが、
なかなかそうはいかない。

 

こうして「体制」を考えるたびに、
リーダの不足に悩まされるのが常だ。
役員ともなれば、「すべてにおいてできて当然」とされ、
暗黙のうちに教育対象からは外される。
自己開発や動機づけは行われない。

 

その結果、頼みとするのは、
ほんのわずかの全社的視点を持つ人たちだけとなり、
会社の命運は、「育成の結果として選ばれた人たち」
ではなく、「巡り合わせの結果として居合わせる人たち」
に委ねられてしまう。

 

資金に枯渇していても人材がいれば事業は伸びる。
しかし、どんなに強い財政基盤があっても
人材がいなければ事業はやがて滅びる。

 

結局、事業の存続は、人材の育成、
特にリーダーを育成できるかどうかにかかっている。
リ ーダーを育てるためには、その人が持っている能力を
最大限発揮できる環境を作り上げなければならない。

 

「リーダーを育てること」と
「リーダーが育つ仕組みを作ること」は違う。
リーダーが育つ企業には、人材が育つ仕組みがある。
ドラッカーはこう言っています。

 

自らよりも組織を優先し、自らの行動を組織としての基準に
合わせるという組織の精神が不可欠である。
リーダーには、組織への責任と部下からの信頼が必要である。
ピーター・ドラッカー

 

 

信頼されるリーダーを育てるには、リーダーを
「間違った方向へ失敗しないようにすること」ではなく、
「正しい方向へ失敗できるようにすること」である。

 

では、そのために必要なものはいったい何なのか。
日本に来たドラッカーは、日本初のセミナーで
日本の経営者に何を言ったのだろうか。
それは、『日本に来たドラッカー 初来日編
で詳しくお伝えしています。

 

 

日本に来たドラッカー-初来日140.jpg
日本に来たドラッカー 初来日編

著者 山下淳一郎 同友館 1,800円(税別)

この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。
明日読むべきものである。10年後、50年後、100年後にも
読むべきものである。

>詳しく見る 

 

 

リーダーを育てたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.