ホーム  > 経営コラム  > 受け手の言葉を使う

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


受け手の言葉を使う

ドラッカー

ソクラテスは、「大工と話すときは、大工の言葉を使え」と説いた。コミュニケーションは、受け手の言葉を使わなければ成立しない。 受け手の経験にもとづいた言葉を使わなければならない。
ピーター・ドラッカー

人それぞれ脳の使い方が違う

 

「何度言ったら分かるんだ」。こんな言葉は部下を持つ上司なら一度は言ったことのある言葉ではないかと思います(笑)。きちんと伝えたつもりなのに伝わっていないこと、ってたくさんありますよね。そんなことは、もう日常茶飯事です。伝えないことが伝わるようにするためにどんな工夫をすればいいのでしょうか。

ドラッカー教授はこう言っています。「ソクラテスは大工と話すときは、大工の言葉を使えと説いた。コミュニケーションは、受け手の言葉を使わなければ成立しない。 受け手の経験にもとづいた言葉を使わなければならない。」受け手の言葉を使う。話をする時、何かを伝える時は聞き手が理解しやすい言葉を使いましょう、ということです。

簡単なようで簡単ではありませんよね。このコラムでも平坦な言葉を使う様に心掛けているつもりであっても、つい提供者側の言葉を使っています。人はそれぞれ特徴があります。人はそれぞれ下記の様に脳の使い方が違うと言われています。この脳の使い方が違いが言葉の使い方の違いをつくっていると言われています。もちろん、自分語がなくなることはありません。そうであるがゆえに、共通の考えをつくり出すことが大事ですね。共通の考えをつくり出していますか?

  • 論理的で、事実を引用し、データに注意を払う人
  • 系統的で、各所を観察し、詳細に注意を払う人
  • 大局的で、想像力豊かで、たとえを使う人
  • 情感的で、表現巧みに、フィーリングに注意を払う人

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.