ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーのマネジメント  スキルの前に問われるもの

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーのマネジメント  スキルの前に問われるもの

トップマネジメント0316.jpg

リーダーシップとは、資質でもカリスマ性でもない。
意味あるリーダーシップとは、組織の使命を考え抜き、
それを目に見えるかたちで確立することである。
リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、
それを維持する者である。
ピーター・ドラッカー『現代の経営』

それは、重要な自己点検。


「ToDo」より「ToBe」を先に考えるのがリーダーです。
それは、リーダーは、「リードする人」だからです。
こう考えると視点は、

  • 何のために (Why)
  • どこに向かって (Where)
  • 何をもって (What)
  • どのように (How)

と整理できます。まず。まず、それらをといただし、
それをはっきりさせることがリーダーの「仕事」です。
わたしが、社長から一番聞かれるものが、
上記で書いた、どのように(How)についてです。
リーダーの基本能力は、

  • 人の言うことをよく聴こうとする姿勢
  • 自分の考えを理解してもらう継続的努力

の2つです。これは、一見、簡単に聞こえますが一番難しい仕事です。
次に聞かれるものが、何をもって(What)です。

  • 社会的目的を持っている
  • 使命の下に自分を置いている
  • ついて来る人がいる
  • 考えに一貫性がある
  • 自分自身が模範となっている

これらを兼ね備えてこそ、リーダーだとドラッカーは言っています。
逆に、リーダーがしてはならないことは、

  • 自分の行動を明確にしないこと
  • 成果を自分の手柄にすること
  • 部下の悪口を言うこと
  • カリスマ的な存在でいること

と、ドラッカーは指摘しています。こう考えを進めると、
リーダーとは、スキルではなく姿勢そのもののです。日々、

  • 何のために (Why)
  • どこに向かって (Where)
  • 何をもって (What)
  • どのように (How)

を考え抜き、自己点検していってください。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.