ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーを学ぶ研修「われわれの成果は何か」

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーを学ぶ研修「われわれの成果は何か」

ドラッカーマネジメント

成果をあげるには貢献に焦点を合わせなければならない。
手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向けなければならない。
組織の成果に影響を与える貢献は何かを
自らに問わなければならない。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

成果は組織の外にある

 

病院は、患者さんの病気を治すために存在しています。
病院はその使命を果たすためにお医者さんを有しています。
どのような組織も組織の外に向けられた社会的な役目を持っています。

 

しかし、日常の仕事のほとんどは分業という形になっています。
ややもすれば、自分たちの組織が持つ社会的役割を忘れ、
自分の仕事だけに目を奪われてしまいがちです。
そうなっては、組織本来の役目を果たせなくなってしまいます。
組織が価値ある存在であり続けるために、
組織の外に対する貢献を問う重要性がここにあります。

 

組織の外に対して、どのようにお役にたつかを追究することによってはじめて、
組織全体の成果に労力を向けられるようになります。
成果をあげるには、ぜひ組織全体の成果に与える良い影響を
問い続けて頂きたいと思います。
結果として、それが、組織の継続的な繁栄につながるのです。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.