ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 間違った流儀は組織を死に追いやる

経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。 ピーター・ドラッカー


今日のコンサルティング 間違った流儀は組織を死に追いやる

トップマネジメント

マネジメントには、基本とすべきものがある。しかしそれらの基本と原則は、それぞれの状況に応じて適用していかねばならない。基本と原則に反するものは例外なく時を経ず破綻する。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

「ルールをつくらない」は大きな間違い!

 

どんな会社をつくり、どんな事業を提供するかは、経営者ぞれぞれの考えです。どんなマネジメントするかも経営者ぞれぞれの考えです。言えることは、不適切なマネジメントは会社の体力を消耗するということです。ゆえに、最適なマネジメントを追求することは、事業を進めるうえで重要な課題の一つなのです。

先日、あるCEOと懇談する機会がありました。そのCEOは、”会社にルールをつくらない” という考えの持ち主でした。会社は価値観の異なる人たちが同じ条件下のもと働く集団です。ゆえに、何らかのルールを持たなければ業務は混乱します。その混乱は働く人の目にはトップマネジメントの怠慢と映り、働く人の意欲を破壊します。結果として、事業に大きな支障を及ぼします。

ドラッカー教授が指摘されているように、マネジメントには基本とすべきものがあります。トップマネジメントを仕事とするCEOは、次の6つの仕事を担う存在です。自分自身の流儀に縛られず、基本と原則を守れば、会社はよりうまく進みます。

1.組織のミッションを決める
  • 自分たちの事業を追求す役割
  • 目標を設定し、戦略と計画を作成する役割
  • 明日のための意思決定する役割
  • 成果に向けて人材と資金を配分する役割
2.基準を設定する
  • 組織全体の規範を定める役割
  • ビジョンと価値基準の設定
  • 目的と実績との違いに取り組む役割
3.組織をつくり、それを維持する
  • 組織の精神を定める
  • 明日の人材を育成する
4.対外的な活動
  • 顧客や取引先との関係づくり
  • 組織全体の代表を発言する役目
5.公的行事への参加
  • 夕食会の参加
  • 儀礼的な役割
6.重大な危機に対する対応
  • 大口顧客との問題への善処

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.