ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 経営チームは、「心躍る意思う決定者集団」

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング 経営チームは、「心躍る意思う決定者集団」

トップマネジメント

自立した部門には、それぞれのトップマネジメントチームが必要である。部門のトップマネジメントは、部門としての基幹活動を明らかにし、それぞれについてチームのメンバーに担当させなければならない。
ピーダー・ドラッカー『マネジメント』

複数人からなる意思決定者集団

トップマネジメントチームとは、その言葉の響きから経営陣を起想してしまいますが、トップマネジメントチームは、けっして経営者という役職に限定されるものではありません。トップマネジメントとは組織の舵取りで、トップマネジメントチームとは複数人からなる舵取り役集団のことです。

ドラッカー教授が指摘されているように、いくつもの自立した事業部で構成されている大手企業は、事業部ごとにトップマネジメントチームが必要です。大手企業の場合、事業部の責任者はたくさんの会議と膨大な仕事に追われ、四苦八苦しながら仕事をしています。それはまるで、何から何まで一人で意思決定している中小企業の社長の姿と同じです。複数人で成果をあげようと思えばチームにならなければなりません。チームで仕事をしようと思えばマネジメントは必要なのです。

自立した部門として、成果をあげるために欠いてはならない取り組みを共有すると、組織の混乱は最小限に抑えることができます。また、それらの取り組みを複数人からなる仕事として進めることによって、より着実に成果をあげられる状態をつくり出すことができます。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.