ホーム  > 経営コラム  > 大企業のマネジメント3つの課題

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

経営者は経営しなければならない。ピーター・ドラッカー


大企業のマネジメント3つの課題

会議.jpg

大企業はフォーマルな組織構造をつくりあげなければならない。
部局間の関係、人についての情報、力の結集は、経営政策、
目標、仕事の定義、手続きによって
組織に組み込まなければならない。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

大手のお客様に3つのことを奨励しています

 

大企業の組織運営の課題は、「規模の大きさ」ではなく「複雑さ」によるものです。その複雑さが事業の重荷になり、生産性を著しく低下させます。そうならないようにするためには、秩序とルールからなる組織をつくる必要があります。具体的には、経営方針、経営目標、業務の定義、人員の情報、部門間の手続きを組織に組み込むことです。

 

大企業は、働く一人ひとりの顔が見えません。働く一人ひとりは、間接的に知ることはあっても、業務上の関わりがなければ直接的に知り合うことはありません。それが組織全体の成果を共有することを困難にします。結果として、一人ひとりの関心が組織の内部に引っ張られるようになってしまいます。

 

そうなれば、「成果をあげること」より「組織の都合」が優先されるようになります。言葉を変えれば、成果を忘れて組織の都合を守ることが仕事そのものになってしまいます。そうならないために、わたしは大手のお客様に次の3つを奨励しています。

 

  1. 組織全体の成果を明らかにする
  2. 部門間の協力関係をつくる
  3. 幹部の方が1と2を各部門の仕事に落とし込む

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.