ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 使命を浸透させるには

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング 使命を浸透させるには

マネジメントの役割2.jpg

ミッションを具体化するための成果を定義するにあたっては、二つの落とし穴がある。一つは、大義だけを唱えることである。もう一つの落とし穴が、大義の追求を考えずに成果を求めることである。
ピーター・ドラッカー『非営利組織の経営』

使命から具体的な目標をつくり出す

 

一人ひとりの仕事が使命に向けられたものにすることは経営者の仕事です。しかし、使命は決めたからと言ってそれが自動的に組織に浸透していくわけではありません。かといって、使命を浸透させていくために毎日の朝礼で唱和してもあまた意味はありません。使命とは仕事そのものだからです。

使命を考え、使命を決めたとしても、一人ひとりの仕事が使命と関係のない成果に向けられてしまいます。使命を浸透させるには使命を考えて仕事をせざるを得ない状態をつくることです。具体的には、働く一人ひとりに使命から自分の目標を考えてもらい、働く一人ひとりがその目標に向けて仕事を進めている状態をつくり出すことです。まず一番最初に行うことは、経営陣が、使命に基づいた「組織全体の目標」を決めることです。ぜひ、次のステップで進めてください。

  1. 使命に基づいた「組織全体の目標」を決める
  2. 会社全体の目標から各部門が目標を決める
  3. 各部門が目標から各人が自己目標を決める

 

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.