ホーム  > 経営コラム  > 伸びた会社はなぜ伸びたのか?

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


伸びた会社はなぜ伸びたのか?

日本経営協会所有140.jpg

まさに確立した事業として成功したかに思われたそのとき理解できない苦境に立つ。製品は一流、見通しも明るい。しかし事業は発展しない。原因は常に同じである。チームとしてのトップマネジメントの欠落である。
ピーター・ドラッカー (写真提供:日本経営協会)

伸びた会社はなぜ伸びたのか?

 

経営者の仕事は、「意思決定で成果をあげること」です。ところが役員の方々は、担当部門の仕事にフル回転で、本来の経営の仕事に手が回らないのが現実です。あまりにも目まぐるしい現場の仕事をこなしながら、時間の一部を経営の仕事に当てようとしてもうまくいきません。

その過酷な兼任を押し通してしまう結果、トップや取締役は話し合う時間が十分に取ることができません。こうして会社を発展させようと云う意志に反して、経営が疎かになってしまいます。断固として、どこかで何か手を打たなければ、会社は生き延びることで精いっぱいになってしまいます。ではどうすればいいのでしょうか。

ドラッカー教授はこう言っています。「生き延びることで精いっぱいになる。たとえ生き延びたとしても、不治の機能不全に陥るか少なくとも数年は出血が止まらない。士気は衰え、従業員は幻滅し、熱気は失われる。対策は簡単である」。打つべき手はちゃんとあるのです。ドラッカーが言う、その対策とは何でしょうか。伸びている会社はその対策を無意識に行っています。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.