ホーム  > 経営コラム  > 人が育つ風土はこうして創られる

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


人が育つ風土はこうして創られる

事業部長02.jpg

成果をあげる組織は、人間の強みを生かす。彼らは弱みを中心に据えてはならないことを知っている。成果をあげるには、人間の利用できる限りの強みを使わなければならない。強みこそが機会である。強みを生かすことが、組織の特有の目的である。
ピーター・ドラッカー

仕事は組織で進められ、成果は組織を通じて生れる

 

ほとんどの会社が、人材をどう採用し、人材をどう配置し、人材をどう育成するか、ということに頭を悩ませています。ここでは、育成について取り上げたいと思います。育成といいながら、減点法で評価する風潮がまだまだ強く根付いています。事業が順調に伸びていたとしても、人を育てていかなければ、組織は成果をあげることができなくなり、やがて事業は行き詰ります。これは断言します。では、人が育てるためにはどうすればいいのでしょうか?。

ドラッカー教授はこう言っています。「成果をあげる組織は、人間の強みを生かす。彼らは弱みを中心に据えてはならないことを知っている。成果をあげるには、人間の利用できる限りの強みを使わなければならない。強みこそが機会である。強みを生かすことが、組織の特有の目的である」。成果をあげる組織とは、成長している会社のことです。成長している会社は人の強みを最大限に生かしています。これも断言できます。では、人の強みを生かすためにはどうすればいいのでしょうか?。

社長だけが、または、人事部だけが、そして、上司が、といった様に特定の人だけが、人の強みを理解するだけでは不十分です。なぜなら、仕事は組織で進められ、成果は組織を通じて生れるものだからです。したがって、自分自身、上司、部下、同僚の強みをお互いに理解し合うことです。そして、それぞれの強みがどれだけ発揮されているのかを測っていくことです。そのような取り組みをすると、それぞれの意識が、人の強みを生かすことに向けられるようになります。そのような地道な取り組みを通してはじめて人の強みが生かされ、人が育つ風土が創られていきます。安易な手法に依存せず、ぜひ、そんな取り組みをはじめてください。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.