ホーム  > 経営コラム  > アメリカ62%に対して日本は0.3%

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


アメリカ62%に対して日本は0.3%

ドラッカー山下淳一郎w.jpg

トップマネジメントチームのメンバーは、それぞれの担当分野において
最終的な決定権をもつ。各メンバーの決定に対し、他のメンバーが異議を唱えることはできない。
担当する者が最終決定者である。
ピーター・ドラッカー

経営チームは全員が最高責任者

 

トップマネジメント株式会社_ドラッカー.jpg

今日は、「経営チームは全員が最高責任者」という話をお伝えします。
2015年10月、マーケティングの父と言われる
コトラーが来日したことはあなたもご存じのことと思います。
彼はドラッカー教授とも親交のあった人で、かつてこう言われました。

 

「私がマーケティングの父ならば
マーケティングの祖父はドラッカー教授だ」と。
コトラー氏が来日時のインタビューで次のように言っていました。

 

「日本のマーケティングは開発スタッフが決めた製品を
ただ売ることしか考えていない。
マーケティングとはお客様の問題を解決することだ。
アメリカではCEO(最高経営執行責任者)のほか、
CFO(最高財務責任者)、CIO(最高情報責任者)と同じく、
CMO(マーケティング最高責任者)という役職があり、
商品のデザインからサービスのやり方まで関わっている。
日本には、CMO(マーケティング最高責任者)がいない。
日本はもっと積極的にCMOを置くべきだ。」

 

先ほどお伝えしたように、ここでお話ししたいことは
「マーケティングのこと」ではなく、「経営チームこと」です。

 

アメリカでマーケティング最高責任者を置く企業は
62%(総収益上位500社)であるのに対して、
日本でマーケティング最高責任者を置く企業は
0.3%(時価総額上位3500社)です。(経済産業省の調査)
アメリカと日本で約200倍もの大きな差があります。

 

アメリカを真似ることを奨励しているわけではありません。
上記の差は、アメリカは、経営チームが進んでいて、
日本は遅れているその実態を物語っています。
アメリカは、経営を一人で行うことはできないという認識が
日本より先行しています。
ドラッカーはこう言っています。

 

トップマネジメントチームのメンバーは、それぞれの担当分野において
最終的な決定権をもつ。各メンバーの決定に対し、
他のメンバーが異議を唱えることはできない。
担当する者が最終決定者である。
ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.