ホーム  > 経営コラム  > 社長の選任はどのように行われているか

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


社長の選任はどのように行われているか

社長の人選.jpg

組織たるものは、やがてトップの責任を担うべき者を育成
しなければならない。しかもトップの継承が
納得しうる基準によって行われ、抗争、不正、贔屓によって
行われることのないようにしなければならない。 

ピーター・ドラッカー

 

取り返しのつかない失敗を防ぐために

 

社長の選任はアメリカでは
どのように行われているのですか?。

 

先日、Webサイトから
そんなお問い合わせを頂きました。
お問い合わせというより質問ですね。
踏み込んでお尋ねすることは避けましたが、
質問をお送りしてきたその社長は、
次期社長の人選に頭を悩まされていました。

 

社長の仕事の中で、最も重要な仕事が
次期社長の決定です。なぜ最も重要なのかは
言うまでもありませんが、
後任の選択は修正や変更ができないからです。

 

アメリカは理にかなったやりかをやっていると
思われているかもしれませんがそうでもありません。
実情は、年齢や勤務年数によって
後任が決められています。

 

引退を控えた社長は、実力のある役員に
こっそり相談したうえで後任を決めていますが、
時には聞くに堪えない社内政治によって
社長が選任されることもあります。

 

頂いたご質問に対する答えがそれないように
アメリカにあるルールをご紹介します。
たしかに、そのルールを守れば
取り返しのつかない失敗を防ぎ、
適した人間を選出することはできるでしょう。

 

1.引退する社長は、後任を推薦できるが任命権は持たないこと。 

2.推薦は2名あげること。 

3.同族が二代以上続く場合、役員に年齢的に不適切な人間を置かない。

4.同族が二代以上続く場合、役員に能力のない者は置かない。

 

(『日本に来たドラッカー 初来日編』第4話より)

 

 

日本に来たドラッカー-初来日140.jpg
詳しくは、こちら でお読みになれます

日本に来たドラッカー 初来日編 (山下 淳一郎)

この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。
ジム・コリンズ

>詳しく見る 

 

もっとドラッカーを知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.