ホーム  > 経営コラム  > コミュニケーションで最も大切なことは

ドラッカーの名言

私たちは、年商100億から300億の企業様に経営チームの支援をしています。


コミュニケーションで最も大切なことは

1.jpg

コミュニケーションで最も大切なことは、
相手の言わない本音の部分を聞くことである。
ピーター・ドラッカー

すべてはそこからはじまる

 

ドラッカーが言う様な西洋の考えは日本のやり方に合わないのではないでしょうか?。またにそのような質問をいただくことがあります。それは、質問というよりご意見ですね(笑)。ここでは二つ申し上げたいと思います。一つは、私はその人の考えを尊重します。その人の考えを変えようなどど思っていません。もう一つは、その考えが適切ではない場合は補足をするようにしています。適切ではないものを質さないことは、職業上の倫理に欠けるからです。

その方に、西洋と日本の違いをどんな場面で感じるか具体的に尋ねてみました。すると、その方から返ってきた答えは、「西洋と日本はコミュニケーションが違う。西洋はドライで、日本は以心伝心という文化がある。だから、マネジメントが違うはずだ」、というものでした。ドラッカーはこう言っています。「マネジメントの課題そのものは、文化や社会のいかんにかかわらず、不変である。そこに出て来る状況や、挑戦や、なすべき意思決定の基本的な性格なまったく同じである。」

日本でさえ、地域によって文化が違います。西洋と日本に違いがあって当然です。一方、組織は人の集まりです。たとえ地域や文化が違っても、組織が直面する問題、人が抱える課題は同じです。コミュニケーションの目的は価値を生み出すことで、マネジメントの目的は成果をあげることです。「コミュニケーションで最も大切なこと」は相手の真意を理解するということです。「マネジメントで大切なこと」は、目的を明らかにすることです。そこには、西洋も日本もありません。人と人がうごめく組織である以上、相手の考えを理解し、成果をあげることに努めてまいりましょう。すべてはそこからはじまります。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.