ホーム  > 経営コラム  > 経営会議3つのルール

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


経営会議3つのルール

経営会議9.jpg

会議は、懇親の場ではなく仕事の場としなければならない。
会議の生産性をあげるには、事前に目的を明らかにしておかなければならない。
目的が違えば、準備も成果も違うはずである。
ピーター・ドラッカー 

経営会議は、懇親ではなく仕事

 

経営会議の内容や進め方に不満
  • 「経営会議が各部門の責任者が報告するだけで、何も生まれない…。」
  • 「経営会議が営業会議となってしまい、売上の額だけしか議題にあがらない…。」
  • 「経営会議がだらだら意見交換するだけで、大事なことが何も決まらない…。」
  • 「経営会議をなんのために行っているかわらかない…。」

これは、実際に、いろいろな社長からお聞きした声です。
私は、仕事上、経営会議に同席させていただく機会が多くあります。
もちろん、機密保持契約書を交わしたうえで、です。そして、約束事が一つあります。
それは、会議中は、会議の内容に口出しをしないという約束です。

経営会議を終えたあと、社長をはじめ役員の方々と、
経営会議の内容について懇談させていただきます。
多くの会社が経営会議の内容や進め方に不満をもっています。
では、どうすればいいのでしょうか?

 

目的を明らかにしておく

ドラッカーはこう言っています。

会議は、懇親の場ではなく仕事の場としなければならない。
会議の生産性をあげるには、事前に目的を明らかにしておかなければならない。
目的が違えば、準備も成果も違うはずである。

 

ひと言に会議といっても様々です。たとえば、連絡するだけの会議、周知させるための会議、
意見を出させるための会議、何かを決めるための会議、それぞれ目的が違います。
たとえ、どんなにいい手法を取り入れても、「何のためか」という目的が曖昧であれば、
何を話し合っているかさえ分からなくなってしまいます。それは時間の浪費です。

 

会議3つのルール

世の中に、経営会議の手法は数多くあります。
経営会議の手法と言われるものの中には、新入社員研修で習う会議のやり方を
そのまま経営会議のやり方として語っているものもありますし、
プロジェクトマネジメントの手法を経営会議に応用させたものもあります。
また、「いくら売上げをあげるか」といった営業会議を経営会議とすり替えているもあります。
このように、経営会議の手法と言っても、その内容は玉石混合です。
ドラッカーは、会議のにはいくつかのルールがあることを教えてくれています。
ぜひ、今日から実行してみてください。

  • 第一のルールは、目的の明らかでない会議は開かない。
  • 第二のルールは、出席者の数を減らす。
  • 第三のルールは、会議の時間を短くする。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.