ホーム  > 経営コラム  > 人事に失敗する組織は事業で失敗する

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


人事に失敗する組織は事業で失敗する

ビジョン.jpg

人的資源から引き出せるものによって、組織の成果が決定する。
それは、誰を採用し、誰を解雇し、誰を異動させ、
誰を昇進させるかという人事によって決まる。
人事に完璧はない。しかし、人事に成功している者はいる。
彼らは5つのルールに従っている。
ピーター・ドラッカー

人事を成功させる5つのルール

 

社長の悩み

「かなり期待して、新しい人材を採用したが、期待はずれだった…。」

「かつては、意欲をもって成果をあげてくれていたが今は違う…。

「人事に関しては、慎重に取り組んではいるが、うまくいかない…。」

「稼ぎ頭だったエースが辞めてしまって困っている…。」

「彼はプレイヤーとしては優秀だが部下が育たないので困っている…。」

 

今これを読んでいるあなたは、具体的な改善策を模索しながら、
常に人事に頭を抱えていることと思います。人事とは、人を活かすことに尽きます。
一方、一口に人事と言っても、採用、配置、異動、評価、昇格、報酬など、
異なる種類の決定が数多くあります。
会社それぞれに規定を持ちながら、人間が絡む問題はあまりに複雑で、
機械的に決められるものではありません。

 

根本的な原因が究明されることない

事業はうまくいくこともあればうまくいかないこともあります。
同じように、人事の決定においてもうまくいくこともあればうまくいかないこともあります。
事業がうまくいかない場合、同じ失敗を繰り返さないように
具体的な対策が打たれるのに対して、人事がうまくいかない場合、
同じ失敗を繰り返さないために具体的な対策が打たれることはほとんどありません。

人間は一人ひとり違うがゆえに、一品一様として片付けられ、
根本的な原因が究明されることなく、成果をあげられなかった人に
非難の矛先が向けられるだけです。

 

5つのつのルール

人事に関してどんなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。人的資源から引き出せるものによって、
組織の成果が決定する。それは、誰を採用し、誰を解雇し、誰を異動させ、
誰を昇進させるかという人事によって決まる。人事に完璧はない。
しかし、人事に成功している者はいる。彼らは5つのルールに従っている。

『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』を読んでいただくと、
人事に成功している人が実践している5つのルールについて知ることができ、
御社の人事に関する、失敗の確率が下がり、成功の確率が上がります。

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.