ホーム  > 経営コラム  > 自分ファーストではいけない

経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。 ピーター・ドラッカー


自分ファーストではいけない

人材育成リーダーシップ4.jpg

リーダーは自が考えた方針、計画、目標を通達するだけでなく、
理解してもらわなければならない。
そのためには、リーダーは部下に活躍の場を与え、
部下の仕事ぶりを見守っていかなければならない。
ピーター・ドラッカー (日本に来たドラッカー 初来日編)

部下が縦横無尽に動けるように

 

発展を遂げた会社が窮地に

リーダーの仕事は人を動かすことだ、などという考えはもってのほかだ。
それは、「人を動かす側」と「人に動かされる側」がいるという
的外れな考えのうえに成り立っているものの言い方だ。

目覚ましい発展を遂げた会社があった。
その発展は、ある二名の幹部によるものだった。
それは誰の目から見ても明らかだった。その二名が引退すると、
その二名がつくり上げた方針と計画はすっかり忘れ去られてしまった。
実は、管理職者や従業員は、その二名を尊敬していたため、
その方針や計画に抵抗なく従っていただけに過ぎなかった。
二名の幹部がつくり出した方針や計画の内容まで
理解していたわけではなかったのだ。

その会社の管理職者や従業員は、二名の幹部がつくり上げた方針と
計画を自分達の仕事として落とし込むことができなかった。
目覚ましい発展を遂げたその会社は、幹部の入れ替わりとともに、
窮地に追い込まれてしまった。

 

自分ファーストではいけない

このような結果を生まないためにも、リーダーは自分たちが考えた
方針、計画、目標を通達するだけでなく、理解してもらう必要がある。
リーダーは、部下に活躍の場をどんどん与え、
部下の仕事ぶりを見守っていくことだ。リーダーの仕事は、
「善きもの、価値あるものを強く願い求めようとする
人間の能動性を奮い立たせること」だ。

ゆえに、知識の詰め込みではなく、
正しいものの考え方を育む取り組みを通じて、
部下を育成していかなければならない。
つまり、部下の育成とは、部下を方向づけることだ。自分が自分がと、
自分を第一優先に考えるようではけっして人を育てることはできない。

 

部下の話をよく聞く

不器用なリーダーは無害だが機械のようなリーダーは有害だ。
そんなリーダーは誰の協力も得られなくなってしまう。
結局、権力で人を動かそうとするようになる。
指示命令で従わせようとするようになる。

リーダーは「自分が成果をあげて賞賛を浴びる人」ではなく、
「仲間の協力を得て成果をあげ仲間を賞賛する人」だ。
仕事は人間性の練磨であることを忘れてはならない。
リーダーは部下がどうすれば力を発揮でき、
最大の成果をあげることができるかに心を砕くことだ。
そのためには、自分の考えを伝えるばかりではなく、
部下の話をよく聞くことだ。

一人ひとりが価値ある挑戦ができる環境をつくりあげていくことだ。
部下の育成と言ってもこちら側の問題だ。
まずは、部下の優れている点を見いだすことだ。
中には人の欠点しか目に映らない人もいる。
しかし、優れている点を探せば必ず優れている点が見つかる。

 

(著書『日本に来たドラッカー 初来日編』より)

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.