ホーム  > 経営コラム  > ビジネス書部門ランキング 2位

ドラッカーの経営コラム

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


ビジネス書部門ランキング 2位

八重洲ブックセンター.jpg

感謝。感謝。ありがとうございます。ビジネスベストセラー2位。
(2017年2月19日~2017年2月25日)
『日本に来たドラッカー 初来日編』山下 淳一郎

八重洲ブックセンターでのランキング

 

日本に来たドラッカー-八重洲.jpg

 

2017年2月19日~2017年2月25日

八重洲ブックセンターのサイト

ドラッカー本_八重洲ブックセ.jpg

 

まえがき

 

本書は実話である。
「売上のための経営」ではなく、「人間のための経営を打ち立てた人いている。
経営を創始し、経営を体系化したピーター・ドラッカーだ。どんなに時代が変わっても、
人間にとって大切なことは変わらない。むしろ、その大切さは時が経てば経つほど
増していく。ドラッカーは、そんな大切なことを教え導いてくれる。
『ビジョナリー・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。

 

この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
一〇年後、五〇年後、一〇〇年後にも読むべきものである。

 

ドラッカーに影響を受けたリーダーは数知れない。マーガレット・サッチャー(イギリス元首相)、
ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、エリック・シュミット(グーグル)、アンドリュー・グローブ(インテル)、
トーマス・ワトソン(IBM)、ジャック・ウエルチ(GE)、アラン・ラフリー(P&G)、
フィリップ・コトラー(ノースウェスタン大学)などだ。

 

日本でもドラッカーと個人的に親交を結んだリーダーは少なくない。立石一真(オムロン)、
盛田昭夫(ソニー)、小林宏治(NEC)、伊藤雅俊(セブン&アイ・ホールディングス)、飯島延浩(山崎製パン)、
中内㓛(ダイエー)、酒巻久(キヤノン電子)などだ。そして、ドラッカーを書中の師としたリーダーは多くいる。
小倉昌男(ヤマト運輸)、茂木友三郎(キッコーマン)、福原義春(資生堂)、中村邦夫(パナソニック)、
江副浩正(リクルート)、小林陽太郎(富士ゼロックス)、古河潤之助(古河電工)、
下山敏郎(オリンパス)、鈴木哲夫(HOYA)、佐藤安弘(麒麟麦酒)、孫正義(ソフトバンク)、
柳井正(ファーストリテイリング)、澤田秀雄(エイチ・アイ・エス)、南部靖之(パソナ)、
志村なるみ(ABCクッキングスタジオ)、笠原健治(ミクシィ)などだ。

 

ドラッカーと深い親交があったセブン&アイ・ホールディングス名誉会長の伊藤雅俊はこう語る。
「ドラッカー先生の一言一言の重みを、今でも、折に触れ感じています。
時代はまさに激動しています。ドラッカー先生の教えが、今なお評価され続けているのも
わかるような気がいたします。」また、ファーストリテイリングの会長柳井正はこう語る。
「なぜドラッカーか。根本の問題を意識させてくれるからです。何のためにわれわれの会社があるのか。
社員は会社組織でどのような仕事をなすべきか、社会における個人とは何か。
そういった誰もが前提として疑わないこと、本質的な問題に問いを投げかけ、
答えてくれている。ドラッカーの書いたものを読むと、自分がぼんやり考えていたことは
こういうことだったのではと得心がいくのです。」

 

私は、ドラッカーをはじめて日本に招いた一般社団法人日本経営協会で
講師の一人として仕事をさせていただいている。ドラッカーがはじめて日本に来た時に
行った講演とセミナーを、日本経営協会の協力を得て、その時の記録と録音テープをもとに、
実話としての正確さを保ちつつ、読者にとって興味を持ってもらえるであろう内容にまとめた。
実際にあったことを知るということは、何かを変えようとした人間を学ぶことになる。
たまたま起こったかのように見える歴史の動きの背景には、
たまたまでは語れない人間の意志がある。意志をもって何かを変えようとした人間を学ぶと魂が洗われる。
ドラッカーは、「違う自分になること」よりも、「今の自分を高めること」の大切さを教えてくれる。
そして、「明日のために今日何をすべきか」を気づかせてくれる。

 

この本を読むと、「明日のために今日何をすべきか」を見いだすことができる。
あなたのさらなるご活躍と、あなたの会社のさらなる発展のために、
この本を役立てていただきたい。あなたのご活躍とあなたの会社の発展が、
社会に繁栄をもたらすことこそ、私の強い願いである。

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,800円(税別)

『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。
この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.