ホーム  > 経営コラム  > 成果をあげる5つの習慣

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


成果をあげる5つの習慣

ドラッカー

成果をあげるために習慣化しておくべき5つの能力の最初の一つは
「時間管理」、即ち『何に自分の時間がとられているかを
知ることであり、残されたわずかな時間を
体系的に管理することである。

ピーター・ドラッカー

成果をあげる5つの習慣の最初の一つ

 

社長111.jpg

トップマネジメントの仕事を測る指標となるのは、生産性と成果の二つです。
生産性は、資源を最大限に生かすことです。
資源というとヒト、モノ、カネを思い浮べてしまいます。
ドラッカーは、「時間は、借りたり、雇ったり、買ったりして増やすことができない」
と言っています。時間も貴重な資源なのです。成果の鍵は集中です。
結果として、資源を最大限に生かせなければ生産性も上がらず、
集中するものが定まらなければ成果はあがりません。


生産性と成果の二つをつくり出すものこそ、時間管理です。
わたしたちは、解決方法や手段に関心を注ぎがちです。
しかしどんなに優れた方法や手段を施行したとしても、
時間管理を忘れてしまえば、かけた労力のほとんどは
意味のないものとなってしまいます。
ゆえに、トップマネジメントは時間を体系的に管理する必要があるのです。

 

  1. 最高に貢献できることは何か
  2. 自分の時間は何に使われているか記録する
  3. 浪費時間を見つける
  4. やめてしまってもよい仕事を廃棄する
  5. まとまった時間をもつ

 

 

ドラッカーを学びたいとお考えの社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには、基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.