ホーム  > 経営コラム  > 東証一部の某メーカーが取り組む5つの質問

ドラッカーの名言

トップマネジメント株式会社はドラッカー専門のコンサルティングファームです。


東証一部の某メーカーが取り組む5つの質問

topmanagement201712.jpg

組織の成果はつねに外部に存在する。企業の成果は顧客の満足であり、
病院のそれは患者の治癒であり、学校のそれは生徒が何かを学び
10年後にそれを使うことである。

ピーター・ドラッカー

第4の質問 われわれの成果は何か

 

topmanagement20171214.jpg

現在、東証一部の年商400億の某メーカーでドラッカー5つの質問を取り組んでいます。
本日は、「第4の質問 われわれの成果は何か」でした。
何をもって成果とするのかを問いただし、その成果をどのように成果を測っていくか
をはっきりさせよう。それが「第4の質問 われわれの成果は何か」です。

 

「第4の質問 われわれの成果は何か」の中にさらに細かい問いがたくさんあります。
社長、副社長、取締役の方々と様々な問いについて取り組みました。
その取り組みとは、わが社はどうあるべきか、わが社は何を成果をするか
ということについて、話し合い、決定するというものです。
その決定から事業を成長させるための具体的な行動が生まれます。

 

成果というと売上のことが頭に浮かんでしまいがちですがそうではありません。
もちろん企業は売上を上げなければなりません。しかし「売上を上げなければならない」
ということと「売上さえ上げていればいい」は意味がまったく違います。
企業は、前述した通り、売上を上げなければなりませんが、
売上さえ上げていればいいというものではありません。

 

売上の額だけを見て事業を進めていくなけば会社は生き残ることはできません。
売上の額だけしか見ていなければ、何を改め、何を工夫し、何をはじめていいか、
わからなくなるからです。お客様の求めるものはどんどん変わっていきます。
成果を決めて、成果を見ていかなければその変化に気が付かずに、
これまでと同じことを続けることになってしまいます。

 

そうなれば、間違いなくお客様は離れていってしまいます。
当然、売上は上がらなくなります。お客様にどれくらいお役にたっているか」を
見ていなかければならないのです。ゆえに、「われわれの成果は何か」
という問いに対する答えを持っておかなければならないのです。
ドラッカーはこう言っています。

 

組織の成果はつねに外部に存在する。企業の成果は顧客の満足であり、
病院のそれは患者の治癒であり、学校のそれは生徒が何かを学び
10年後にそれを使うことである。
ピーター・ドラッカー

 

 

会社の成果はお客様の満足であり、病院の成果は患者さんが元気になることであり、
学校の成果は生徒が学んだことを生かすことです。レストランであれば
美味しかったと思ってもらうことですし、塾の講師であれば生徒の志望校の合格者数、
テレビのプロデューサーであれば視聴率、映画のプロデューサーであれば観客動員数と、
どんな事業にも、売上以外に成果とすべきものが必ずあります。
御社は何を成果としているでしょうか。

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.