ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーを学んだ企業様からのお問合せ

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


ドラッカーを学んだ企業様からのお問合せ

トップマネジメント0218140.jpg

鋸や金槌しかもたず、ペンチを知らなければ大工はできない。
道具を一揃えにしたとき、はじめて大工ができる。
それが、私が『現代の経営』で行なったことだった。
私はマネジメントを体系としてまとめたのだった。

ピーター・ドラッカー

 

8つの領域で目標を立て、経営計画を作る

 

トップマネジメント0218.jpg

本日は、ある企業の社長様からお問合せを頂き、
初回目の打合せに訪問してきました。
その企業様は社内で三年間、
ドラッカーを独自で学ばれていました。
その企業様は経営チームで
ドラッカーの読書会を週1回開催していました。

 

ドラッカーの著作は40冊ほどあります。
文字を追いかけるならまだしも、
ドラッカーの本は読みながら考えさせられますから、
1ヶ月に読み切れるのは数は平均1冊くらいでしょう。
1ヶ月に1冊のペースで読み進めても、
すべて読み終わるのに3年4ヶ月かかります。

 

とはいえ、経営チーム全員が
同じペースで読めるわけではありませんし、
経営チーム全員が同じ解釈に至るわけでもありません。
さらに、経営チーム全員が同じ実践をできるはずはありません。

 

「ドラッカーの本を3年間読み続けたが、
結局、何も生まれなかった。
それを何とか解決したい。」

 

これが、お問合せを頂いた社長様の課題でした。
ところで、なぜ経営を体系的に学ぶ必要があるのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

鋸や金槌しかもたず、ペンチを知らなければ大工はできない。
道具を一揃えにしたとき、はじめて大工ができる。
それが、私が『現代の経営』で行なったことだった。
私はマネジメントを体系としてまとめたのだった。
ピーター・ドラッカー

 

 

「鋸や金槌しかもたず、ペンチを
知らなければ大工はできない」とは、
「部分部分の知識を知っていたとしても、
全体を知らなければ経営はできない」ということです。
「それが、私が『現代の経営』で行なったことだった」とは
「経営は誰もが学べるようになっている」ということです。

 

経営の根幹であるドラッカー5つの質問の
「第一の問い われわれの使命は何か」
「第二の問い われわれの顧客は誰か」
「第三の問い 顧客にとっての価値は何か」までは、
なんとか取り組めるとしても、
体系的に経営を学んでいない企業様の内容を
拝見させて頂くと、ほとんどが的外れのものになっています。

 

しかし、悩ましいのが学んだからと言って
成果が生まれるわけではないというとです。
その社長が頭を抱えていたことは、
ドラッカー5つの質問「第5の問い われわれの計画は何か」です。
「第5の問い われわれの計画は何か」とは、
「経営計画を立てること」です。
「経営計画を立てる」ということは
「経営目標を立てる」ということです。

 

目標は8つの領域で立てなければなりません。
ドラッカーは、著作『現代の経営』『マネジメント』で
目標八つの領域について次のように言っています。

 

(1)マーケティング

(2)イノベーション

(3)人的資源

(4)資金

(5)物的資源

(6)生産性

(7)社会的責任

(8)利益

 

お問合せ頂いたその企業様の経営チームと一緒に、
半年間かけて、ドラッカー5つの質問を取り組み、、
もう半年間をかけて8つの領域で目標を立て、
経営計画を作るお手伝いをさせて頂くことになりました。
1年間お世話になりますがよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます。

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカーを社内で実践したい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。

ピーター・ドラッカー

さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.