ホーム  > よくある質問  > 経営人材の育成について  > 経営人材の育成はどう取り組んだのですか?

よくあるご質問

山下淳一郎がドラッカーに関する質問にお答えしています。


経営人材の育成はどう取り組んだのですか?

社長の声

組織の将来を左右するのは人材の育成と配置である。
今日の意志決定が実を結ぶか否かは、人材の育成と配置にかかっている。
あらゆる意志決定のうち、人事ほど重要なものはない。
ピーター・ドラッカー『変貌する経営者の世界』

社長、経営幹部、執行役員、計7名様と共に
期間は、12ヵ月間

 

人のできないことに見つけて、それをできようにすることが
人材育成だと信じていました。
また、経営幹部の声に耳を貸さず、独断で人事の決定をしていました。
人を見る目があると過信していたからです。
経営幹部が何を言おうが、人事部が何を言おうが、
自分の考えを押し付け自分の考える通りに人事の配置を決めていました。
気がつくと、社長であるわたしに気に入られることに
一生懸命になる会社になってしまいました。

 

従業員はいきいきと仕事をしています。いまは、
一人ひとりの強みを最大限生かすことによって、各所で成果があがり、
結果として、会社全体としての成果をあげることができるようになったと思います。
トップマネジメントさんにコンサルティングをお願いしてから、大きく会社が変わりました。
いまは、一人ひとりが、自分の強みを生かして成果をあげることに
一生懸命になる会社になりました。

 

山下先生から、人事決定5つのステップという方法を教わり、
それを実行していきました。まずは、仕事の内容を詳細に検討し、
複数の候補者を検討するようにしました。そして、各人の強みにのみ目を向け、
その人間の同僚や上司から客観的な意見を参考にするようにしました。
配属前には、あげるべき成果を明らかにしました。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.