ホーム  > よくある質問  > コンサルティングについて  > コンサルティングと研修の成果の違いは?

よくあるご質問

山下淳一郎がドラッカーに関する質問にお答えしています。


コンサルティングと研修の成果の違いは?

成果をあげる習慣を身につけたい.jpg

知識労働者は自らに課される要求に応じて成長する。
自らが業績や達成とみなすものに従って成長する。
自らが自らに求めるものが少なければ、成長しない。
だが多くを求めるならば、何も達成しない者と同じ程度の努力で、
巨人にまで成長する。
ピーター・ドラッカー 

成果はまったく違います

 

ご質問のように、研修とコンサルティングの違いについて正しく認識し、
期待できる成果を明らかにしておく必要がありますね。
知識を知ったからといって成長してくれるわけではりません。

研修とコンサルティングは、どちらがいいか悪いではなく、目的によります。
具体的には、研修とコンサルティングの成果の違いは次のように違います。
似ているようでまったく違うことがご理解いただけると思います。


研修(例)
  • 経営について理解が深まります。
  • 経営幹部としての知識が分ります。
  • 理念を共有する重要性が分ります。
  • お客様の分析方法がわかります。
  • 従業員の意欲を高める方法が分ります。
  • 時間管理のやり方が分ります。
  • 経営目標8つの領域が分ります。
  • 経営計画が立てられます。
  • 永続的成長7つの事が分ります。
  • 収益を高める2つの方法が分ります。
  • 強みを生かす重要性が分ります。
  • 戦略の立て方が分ります。
  • 組織のつくり方と手順が分ります。
  • 組織力を発揮する方法が分ります。
  • チームワークの重要性がわかります。
  • 成果をあげる5つの習慣が分ります。
  • 意思決定7つのステップが分ります。
  • 経営基盤の重要性が分ります。
コンサルティング(例)
  • 経営者の仕事として成果が生れます。
  • 経営幹部としての力が養われます。
  • 共有された理念が作られます。
  • 理想とするお客様が明らかになります。
  • 従業員のやる気がさらに高まります。
  • 時間の使い方に無駄がなくなります。
  • 8つの領域に経営目標が立ちます。
  • 立てた経営計画が実行されます。
  • 永続的成長7つの事が実践できます。
  • 収益を高める2つの予防策が打てます。
  • 強みが生かされ成果になります。
  • 御社に最適な戦略が導き出されます。
  • 成果を生む組織が構築されます。
  • 組織力を最大化する運営ができます。
  • チームワークによる成果が生れます。
  • 成果をあげる習慣が身に付きます。
  • 成果を生む意思決定が身に付きます。
  • 強固な経営基盤がつくられます。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.