ホーム  > よくある質問  > ドラッカー5つの質問とは?  > アップルの復活の裏側って?

よくあるご質問

山下淳一郎がドラッカーに関する質問にお答えしています。


アップルの復活の裏側って?

ドラッカー20130508.jpg

われわれの事業を知るための第一歩は、
顧客は誰かという問いを発することである。
現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、顧客はどこにいるのか、
顧客はいかに買うか、顧客はいかに到達するか、を問うことである。
ピーター・ドラッカー 

お客さまになるために必要なことを見つける

 

どんな会社も、「まだお客さまになっていないお客さま」がいます。
それは、「これからお客さまになってくださるお客さま」です。

 

1997年、アップルのユーザーは、市場使用率たった4%。
倒産寸前のアップルにスティーブ・ジョブズは復帰しました。
アップルは2001年1月、音楽再生ソフトiTunesを世に送り出しました。
そして、大胆にもウィンドウズのユーザーへiTunesを無料配布し、
多くのユーザーにiTunesを通してアップルに親しんでもらう機会を提供しました。
多くのユーザーが、iTunesと利用とiPodの購入をきっかけに
ウィンドウズからMacへの乗り換えをました。
アップルは、お客さまになるために必要なことを見つけたのです。
見事、アップルは、「潜在的なお客さまをお客さまにすること」に成功したのです。

 

まさに、「現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、
顧客はどこにいるのか、顧客はいかに買うか」、
という問いに対する答えを出し、それを実行していったのです。
ぜひ、お客さまに御社の商品、サービスを広く利用して頂くために、
お客さまになるために必要なことを「それ」を見つけてください。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.