ホーム  > よくある質問  > 成長企業がやっている仕事  > 事業継承をうまく行うためには?

ドラッカーに関する ”よくあるご質問”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


事業継承をうまく行うためには?

山下20140130.jpg

自らがいかに貢献できるかとの問いが
常に満足のいく答えをもたらすとは限らない。
時には創業者が手を引くこともある。
ピーター・ドラッカー

事業の役に立つために自分は何をすべきか

 

トップは、自分の仕事を自分で決めることができる権限を持っています。
そして、トップは自分の考えを行動に移すことができます。
事業が成長すれば、その成長に伴って、トップがやるべき仕事は変わっていきます。
なぜなら、トップの置かれる状況が変わるからです。
ところが、事業が成長し、状況が変わったにも関わらず、
同じ仕事を続けてしまう人は意外にも多くいます。トップは自分が行っている仕事に対して、
直接苦言してくれる人を持っていません。
ゆえに、トップが考え、やらなければならないことは「自分がやりたいこと」ではな
く「事業に最も貢献するためにやるべきこと」なのです。

ポラロイドカメラを発明したのは、エドウィン・ランドという技術者です。
自分の会社を持ったエドウィン・ランドは、、「マネジメントすること」を自分の仕事としていました。
会社が成長して後、エドウィン・ランドは、自分はマネジメントに向かないと考え、
技術者である自分が最も事業に貢献できるのは、「商品を開発すること」であると判断したそうです。
こうしてエドウィン・ランドは自分の仕事を、
「マネジメントすること」から「商品を開発すること」に変えたのです。
つまり、彼は「事業に最も貢献するためにやるべきこと」を考え、
マネジメントはほかの人間に任せ、自分は商品を開発することが、
最も適切であるという事を発見したのです。

事業をさらに発展させていくために、自分の仕事を自分の権限に任せてしまうのではなく、
「自分が事業に貢献するために何をすべきか」について、徹底的に考え抜いてみてください。
そして、事業にとっても、ご自身ににとっても、適切な役割ものを選び取ってください。
それが事業をさらに発展させていくことになります。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.