ホーム  > よくある質問  > マネジメントの意味は?  > なぜ、マネジメント研修が必要なのか?

よくあるご質問

山下淳一郎がドラッカーに関する質問にお答えしています。


なぜ、マネジメント研修が必要なのか?

トップマネジメント_経営コラム20150503.jpg

組織内のあらゆる人材を発掘し、高度の人材としてのスペシャリスト、
および、判断力と決定力をもつ人間としてのゼネラリストとして
育成することができなければならない。
加えて、彼らの弱みを意味のないものにしつつ、強みを発掘させ、
失敗が大惨事となり得ないレベルにおいて
リーダーシップとして能力を試すことができなければならない。
ピーター・ドラッカー

事業を繁栄させていくために

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
教育は人間が生きていくために必要です。人間が挑戦するために必要です。
また社会のために必要です。翻って。
学校はを知識をインプットするところで企業は知恵をアウトプットするところです。
学校は理論を学ぶところで企業は現実と戦うところです。
学校は問題解決を覚えるところで企業は問題提起を扱うところです。
学校の試験は個人戦で企業の仕事は共同戦です。

学校は人と力を合わせて成果をあげることは学べません。
企業に入ってはじめて異なる価値観を持った人と仕事をする難しさを知り、
厳しい現実に遭遇します。
ゆえに、教育は学校だけが必要としているものではなく、
企業にとってもなくてはならないものです。
特に、マネジメント教育は不可欠です。なぜなら、
どんな職種であっても、人と関わり、人とともに仕事をするからです。

ドラッカー教授は、次のように言われています。
「組織内のあらゆる人材を発掘し、高度の人材としてのスペシャリスト、
および、判断力と決定力をもつ人間としての
ゼネラリストとして育成することができなければならない。
加えて、彼らの弱みを意味のないものにしつつ、
強みを発掘させ、失敗が大惨事となり得ないレベルにおいて
リーダーシップとして能力を試すことができなければならない」。

その言葉は、本人が尻ぬぐいできる範囲で失敗を経験させ、
その人が成長していく舞台をつくっていくことが
経営者の仕事であることを教えてくれています。
ただ言った通りに仕事をすればいいというのであれば
マネジメント教育はいりません。
しかし、社会はどんどん変わっていきます。
どんな社会になっても問題を提起しながら、
事業を繁栄させていくために、
企業にとってマネジメント教育は不可欠なのです。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.