ホーム  > よくある質問  > 経営人材の育成について  > リーダーシップへの誤解とは何ですか?

ドラッカーに関する ”よくあるご質問”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


リーダーシップへの誤解とは何ですか?

人材育成リーダーシップ5.jpg

今日リーダーシップとして喧伝されているものとは大いに異なる。
いわゆるリーダー的資質とも関係はない。
カリスマ性とはさらに関係がない。神秘的なものではない。
平凡で退屈なものである。その本質は行動にある。
ピーター・ドラッカー

リーダーシップはカリスマ性と無縁

 

リーダーシップは重要である。
だがそれは、今日リーダーシップとして喧伝されているものとは大いに異なる。
わゆるリーダー的資質とも関係はない。カリスマ性とはさらに関係がない。
神秘的なものではない。平凡で退屈なものである。その本質は行動にある。
そもそもリーダーシップそれ自体、よいものでも望ましいものでもない。
手段にすぎない。何のためのリーダーシップかが問題である。
ターリン、ヒトラー、毛沢東の三人ほどカリスマ的なリーダーはいなかった。
だが彼らは、史上例のない悪行と苦痛をもたらした似非リーダーだった。


リーダーシップはカリスマ性に依存しない。アイゼンハワー、マーシャル、
トルーマンの三人は強力なリーダーだった。だがいずれも、
爪の垢ほどのカリスマ性ももたなかった。
第二次大戦後、西ドイツを再建したアデナウアーもそうだった。
一八六〇年、あのやせこけたあか抜けしないイリノイ出のリンカーンほど、
カリスマ性のない人物はいなかった。
さらに、両大戦の間逼塞していたチャーチルにもカリスマ性はなかった。
大事なことは、彼が正しかったことだった。

 

カリスマ性はリーダーを破滅させる。柔軟性を奪い、
不滅性を妄信させ、変化不能とする。
スターリン、ヒトラー、毛沢東に起こったことがそれだった。
アレクサンダー大王が敗者とならずにすんだのは、
早世したからにすぎないことは古代史の定説である。

 

カリスマ性はリーダーとしての有効性を約束しない。
ケネディは歴代のホワイトハウスの住人のなかで最もカリスマ性があった。
だが、彼ほど何もできなかった大統領はいなかった。
リーダー的な資質や特性は存在しない。ルーズベルト、
チャーチル、マーシャル、アイゼンハワー、モンゴメリー、
マッカーサーは、いずれも第二次大戦中リーダーとして傑出していた。
だが彼らのうち、資質や特性が同じ者はいなかった。

ピーター・ドラッカー

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.