ホーム  > 信頼の実績  > ボードメンバーが1つに結束

信頼の10年の実績

10年一筋、上場企業様を中心に、経営チームの支援をしてきました。山下 淳一郎


ボードメンバーが1つに結束

トップマネジメント2621.jpg

年商300億のメーカー様(東証1部)

>『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』amazon

 


計画が実行されず、事業が低迷
ドラッカーお客様の成果2.jpg

私は、二代目の社長です。あるところで一年間、
ドラッカーを学びました。
毎年、経営チームを総結集して経営計画をつくっていました。

 

必ず経営理念に立ち返り、使命、ビジョン、顧客、顧客のニーズ、
あげるべき成果、何に集中するかを明らかにし、
さらには、「事業の存続と繁栄を決定付ける八つの領域」で
目標を定めていました。その経営計画は、精巧なものでした。

 

しかし、毎年○○○億円の目標をあと一歩のところで
達成できない状態が数年続きました。
経営計画シートの記入欄に情報を記入しているだけだったのです。

 

もちろん、経営チームの中に、経営計画シートに情報を
記入さえすればいいと考えている人間は
一人もいませんでした。しかし、現実は経営計画シートの記入欄に
文字が記入されただけでした。仏つくって魂入れず、です。
魂のない事業が発展するはずがありませんでした。

 

起こっていたこと
  1. 理念があっても心からそう思っているものでなかった。
  2. し合っていても、話し合いになっていなかった。
  3. 使命が使命になっていなかった
  4. 何に集中するかを決めていたが何にも集中していなかった。
  5. 経営計画は実行されなかった。

 

目標に届かなかった壁を”打開”

そこで、トップマネジメントの山下さんにコンサルティングをお願いしました。
コンサルティングは創業者へのヒアリングからはじまりました。自分たちは、
創業の想いをすっかり忘れていたことに気が付きました。

 

経営会議も話し合いになっていなかったので
第三者的立場として司会進行をやってもらいました。
当初、使命はただ文章の良さをこだわっただけのものでしたが、
徹底的な話し合いを通じて、具体的に実現できる内容を
明らかにしていきました。

 

「事業の存続と繁栄を決定付ける八つの領域」は
一つ一つバラバラに考えていましたが、
現場の声を反映させ、八つの領域のつながりを
考え決めていきました。組織全体に活気ある動きが生まれました。
○○○億円の目標に届かなかった壁を打開することができました。
2年間の取り組みによって、現在は創業以来の業績を達成しています。

 

行ったこと
  1. 創業者にインタビューを行い創業理念からに経営理念を見直した。
  2. 第三者的立場から経営会議の進行を担う司会役を設けた
  3. 使命は美しい言葉を追究したものではなく、具体的に実現できる内容に変えた。
  4. 集中すべき仕事に集中するために、やめることを決めた。
  5. 経営計画に現場の声を反映させた。

 

 

必ず聞かれる5つのこと

 

お客様は何社ですか?
山下淳一郎の活動01.jpg

現在、12社のお客様をお手伝いさせて頂いております。
お客様が11社になったり、13社になったりしながら、
多くの社長様の支援をさせて頂いています。

 

 

 

永続する仕組みを作りたい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

一人のトップマネジメントからトップマネジメントチームへの
移行がなければ、 企業は成長どころか存続もできない。 
成功している企業のトップの仕事は、チームで行われている。

ピーター・ドラッカー.

ドラッカーの経営チームプログラム」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.