ホーム  > 信頼の実績  > 次世代の経営チームを構築

信頼の10年の実績

10年一筋、上場企業様を中心に、経営チームの支援をしてきました。山下 淳一郎


次世代の経営チームを構築

経営チーム20180205.JPG

100億の企業様(未上場)

>『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』amazon

 

 

過去の成功は通用しないものになっていた
ドラッカーお客様の成果12.jpg

わが社は創業約40年、私は3代目の社長です。
当社は、業界全体が成長していた時期に、
その勢いに乗って事業を伸ばしてきました。
現在は、市場が成熟し、営業力だけで
事業を伸ばしていくことが難しい状況になりました。

 

経営会議は、
「営業体制をどうするか」
「営業拠点をどこに増やすか」
「営業マンのやる 気をどう高めるか」
といったことだけで、経営については話し合っていませんでした。
取締役に現場の仕事しか与えていませんでした。

 

取締役が やっている仕事は現場の仕事だけでした。
営業力のある人間を増やせば、業績を伸ばしていけると考え、
第二、第三の自分をつくろうとしていたのです。

 

私が社長に就任した時は、名ばかりの取締役たちとと部長5人で、
経営体制と言えるものはありませんでした。
わが社は創業者の強力なリーダーシップで急速に発展したため、
自分で考え、自分で実行に移す仕事に慣れた経営人材がいませんでした。

 

決めてくれる人がいることに誰もが慣れしまっていたのです。
私の課題は「経営人材を育成して経営体制をつくること」でした。

 

起こっていたこと
  1. 市場が成熟し、誰もがやるべきことはわかっていた
  2. 取締役の仕事は現場の仕事だけだった
  3. 社長以外、責任と権限が何も与えられていなかった
  4. わかっていても行動に起こす人間が誰一人としていない
  5. 経営については何も話し合っていなかった
  6. 長年、第二、第三の自分をつくろうとしていた

 

経営チームを編成して経営人材を育成

1年が過ぎた頃、5名の部長を全員執行役員に昇格させました。
5名の部長全員が会社全体に立ったに考えになり、
会社全体に立った発言に変わったからです。
さらに2年が過ぎた頃、5名の執行役員を取締役に昇格させました。
5名の執行役員全員が会社全体に立った考えで
意思決定できるように変わったからです。

 

今の取締役の誰かが、次の社長を担ってくれるでしょうし、
他の取締役は次の社長をしっかり支えていくと思います。
私が社長に就任した時に自分に課した、
「経営人材を育成して経営体制をつくること」は
成果をあげることができたと自負しています。

 

私は取締役と部長5名で、月1回丸1日かけて行う
意思決定会議と称したミーティングを設け、
ドラッカー5つの質問を2年間取り組みました。
当初は、考えが衝突することもあり、
うまく進みませんでした。ドラッカーの様々な問いを共有し、
その問いに対する考えを出し合っていきました。

 

スタートして4ヶ月たった頃、
5名の部長全員が会社全体に立った発言に変わり、
自然発生的に共通の考えが生まれました。
これは大きな変化でした。

 

必ず聞かれる5つのこと

 

お客様の規模はどれくらいですか?
ドラッカー20130419.jpg

従業員20名様の企業様も、2000名の企業様もおります。
年商規模は10億も、年商8000億の企業様もいます。
一番多いのが、年商100億から300億規模の企業様です。

 

 

永続する仕組みを作りたい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

一人のトップマネジメントからトップマネジメントチームへの
移行がなければ、 企業は成長どころか存続もできない。 
成功している企業のトップの仕事は、チームで行われている。

ピーター・ドラッカー.

ドラッカーの経営チームプログラム」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.