ホーム  > 信頼の実績  > 経営チームで6つの壁をクリアに

12年の信頼の実績

12年間、一貫して経営チームの支援をしてきました。山下 淳一郎


経営チームで6つの壁をクリアに

経営チームトップマネジメント0214.jpg

100億規模のメーカー様(未上場)

>『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』amazon

 

 

ビジョンが共有されず、崩壊寸前
ドラッカーお客様の成果9.jpg

「もっと会社のこと考えてほしい」「もっと危機感をもってほしい」
「なぜ言ったことしかやってくれないのか」。
ワンマン経営に陥り、一人の限界を感じてました。

 

取締役は、口を開けばほかの取締役の批判ばかりで、
とにかく経営陣の仲が悪かく、事業は順調ながらも、
その状態は、間違いなく会社の発展を妨げていました。
人間の相性が問題であると思い込み、
経営陣の仲が悪さには半ばあきらめていました。

 

成果

成果は、曖昧だったビジョンが会社の具体的な目標になったことです。
検討すべきことを検討し、話し合うべきことを話し合い、
決めるべきことを決め、行うべきことを行うため
経営のやり方が確立できました。

 

現在、取締役は、わが社はこうあるべきです!、
この方がいいですよ!、こう変えていきましょう!
社長、これを始めます!と積極的に改革な生れる組織に変わりました。
現在は、人の意見を評価したり、否定したりすることなく、
会社全体に立った考えを交わし、精度の高い意思決定が
行えていると自負しています。
事業の成長スピードも格段に上がりました。

 

経営陣でドラッカーのプログラムを取り組みました。
取締役の仲が悪い状況を生んだ原因は、
それぞれの考えを放置していたからです。
数字だけで経営についてちゃんと協議していなかったのです。
6つの基本を守り、経営チームをチームとして機能させれば、
事業を繁栄に導いていける状態に変わりました。

 

☑ 一、それぞれが担当分野の最終決定者であること。

☑ 二、担当以外の問題が自分の所に来ても担当者に回すこと。

☑ 三、お互いのことを批判したりしないこと。

☑ 四、チームをまとめるリーダーがいること。

☑ 五、重要なことは意見をぶつけ合って決めること。

☑ 六、お互いに自分の考えを周知させること

 

 

永続する仕組みを作りたい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

一人のトップマネジメントからトップマネジメントチームへの
移行がなければ、 企業は成長どころか存続もできない。 
成功している企業のトップの仕事は、チームで行われている。

ピーター・ドラッカー.

ドラッカーの経営チームプログラム」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2021 Top management All Rights Reserved.