ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーのマネジメント ある経営者との会話

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーのマネジメント ある経営者との会話

000009463231.jpg

予期せぬ成功ほど、イノベーションの機会となるものはない。
これほどリスクが小さく、苦労の少ないイノベーションはない。
しかるに、予期せぬ成功はほとんどが無視される。
困ったことには、存在さえ否定される。
ピーター・ドラッカー『イノベーションと起業家精神』

それが、イノベーションの機会

 

社長 : 山下さん、このご時勢、120%の伸びなんですよ。
山下 : すごいですね。
社長 : ありがたい限りです。
山下 : それはそうしようと取り組んでそうなったのですか?
社長 : ・・・・・・・。
社長 : 実は・・・、たまたまなんですよ・・・。

 

たまたま、120%伸びた―。結果はさておき、
「考えていたことと起ったことに差分がある」ことは確かです。
放置していたら、いい結果を生み出すための再現性さえ失い、
せっかくの機会をみすみす逃してしまいます。
まさに、「予期せぬ成功はほとんどが無視される」、です。

経営に、「予期せぬ嬉しい知らせ」も
「予期せぬ悲しい知らせ」もあってはなりませんが、
「予期せぬ成功」と「予期せぬ失敗」は、起るのが現実です。

 

成り行き任せにならないために、
考えていたことと起ったことの差分に
どんな意味があるのかを考えるべきです。
いま、その社長さんの会社は、

  1. 「120%の伸び」は、どのような兆候か?
  2. 「120%の伸び」による今後の見通しは?
  3. 「120%の伸び」、はどのような影響が予測されるか
  4. 「120%の伸び」という機会に対してどのような行動を起こすべきか?

といった視点で、
「きわめてリスクが小さく、苦労の少ない進化」について熟考しています。
必ず、御社にもあるはずです。無視されている成功が・・・。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.