ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 マネジメントは損得ではなく善悪

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 マネジメントは損得ではなく善悪

マネジメントは、仕事の絆で結ばれたコミュニティとしての組織において機能すべきものである。共通する目的のもとに、仕事の絆で結ばれたコミュニティであるからこそ、マネジメントは人に関わることであり、善悪に関わることである。わたし自身、大学で宗教学を教えていたころよりも、コンサルタントの仕事を通じてより多く神学を学んだ。
ピーター・ドラッカー『ニューマネジメント誌』

20世紀、

人を忘れた組織運営は、人間を大惨事に追いやることを証明しました。ドラッカー教授は、それまで「術」に過ぎなかった経営を「道」においた人です。経営に「人」を据えた、最初の人です。

マネジメントは、損得ではなく善悪に関わるものです。マネジメントの中心にあるのは、お金でははなく人間だからです。

一人ひとりが持つ個性と一人ひとりの集合体から生まれる、もう一つの全体から、いま何をすべきか、見つける日々でありたいですね。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.