ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 1700名の企業"100%失敗する人事の決定

経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。 ピーター・ドラッカー


今日のコンサルティング 1700名の企業"100%失敗する人事の決定

人事考課 ドラッカー

人材の配置が期待した結果を生まなかったとき、
明らかなことは意思決定が間違っていたということである。
あるいは、意思決定の方法が間違っていたということである。
昇進の失敗を昇進させられた者の責任にしてはならない。
投資の失敗を投下した資金の責任にするようなものである。
ピーター・ドラッカー『変貌する経営者の世界』

ウィドウメーカー

 

今日は人事に課題を抱えるCEOと懇談でした。
任命する責任者が、悉く失敗するという状況から、
人事の改善に力を入れていました。必ず失敗を招くものがあります。
それは19世紀ある造船業者が2回続けて大きな事故を起こしました。
その事故によって多くの船乗りが亡くなりました。
その造船業者は、船乗りの奥さんをウィドウ(未亡人)にしたことから、
「ウィドウ・メーカー」と言われました。

 

ビジネスにおける「ウィドウメーカー」とは、
"そこに配属された優秀な人を2度続けて潰してしまうポジション"のことです。
このようなポジションは、たとえ3人目の人がどんなに優秀であったとしても、
間違いなくそこに配属された人は潰れてしまいます。
このケースが100%失敗する人事の決定です。

 

その解決策はひとつです。それはそのポジションを廃止し、
業務の見直しと組織の再編を行うことです。
ウィドウメーカーは、社会が急激に変化するときに現れると言われます。
もしかすると、現在の総理大臣のポストもウィドウ・メーカーなのかもしれません。
様々な角度から検証を行った結果、「人事の改善」をするのではなく、
「業務の見直しと組織の再編」に着手することにいたしました。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.