ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーの名言 1700名の企業「お客さまで起こるよい変化」

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーの名言 1700名の企業「お客さまで起こるよい変化」

中期経営計画の作り方

成果が何であり、何に力を集中すべきかを明らかにしなければならない。リーダーたる者は、意味ある成果を確実なものにするために、何を行うかを決定する責任を持つ。
ピーター・ドラッカー『経営者に贈る5つの質問』

経営計画はここからはじめる

 

今日は某企業の経営陣と一日かけて年間計画のための会議でした。わたしたち人間がわずかの時間でできるのは、既に知っていることを考えることだけであり、既に行ってきたことを振り返ることだけです。来期の計画とは、今期と決別するための道筋です。ゆえに、来期の計画は2時間程度の時間が何度あったとしてもできるものではありません。ところが、多くの会社は2時間程度の会議を何度も何度も重ねて、前期と同じような計画をつくりあげているのが実態です。違うのは、数字の目標が上乗せされているだけです。

 

成果とは「お客さまで起こるよい変化」、です。計画とは「お客さまに喜んで頂くために欠いてはならない取り組み」、です。計画の目的は、「これまでにない良い結果を生み出すこと」にあります。したがって、成果をあげるためには「どんな結果を生み出したいのか」を明らかにする必要があります。ゆえに、計画とは「どんな成果をあげるのか」を決めるところからはじまります。

 

適切な成果を決めることできれば、成果のあがる方向に向けて成果を測定していくことができます。つまり、使命への貢献度合いをモニターしながら、働く人本人がどう頑張っていけばいいかがわかる状態になります。そのような形で成果が決まればあとは「どのようにして成果をあげていくか」、を決めるだけです。その中身が計画となります。今日は、成果を決めるだけで8時間以上の時間を要しました。次回は、計画の中身です。

どのような成果をどのように測るのか
  1. 測定内容を明らかにする
  2. 達成度合いを測定する
  3. 測定に手間が掛からないこと
  4. 適した精度であること
  5. タイムリーであること
  6. 使用法が単純であること
  7. 行動変化を生み出すもの

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.