ホーム  > 経営コラム  > 強みを生かし合う

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


強みを生かし合う

自治体マネジメント講演.jpg

成果をあげるには、人の強みを生かさなければならない。
弱みを気にしてはならない。利用できるかぎりのあらゆる強み、
すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを
総動員しなければならない。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

一人ひとりが得意とするもの

 

本日は、行政組織にて3日目の研修でした。わたしたちは、できないことをできるようにすることに関心が奪わる傾向にあります。それは学生時代、わたしたちはできないことをできるように努力すると教わってきたからです。しかし、仕事の目的は、学習することではなく成果をあげることです。

 

ドラッカー教授の著書には、"強み"という言葉が頻繁に登場します。加えて、組織で成果をあげるためには、一緒に仕事をしている人たちの強みをとことん生かし切ることであると教えてくれています。では、強みを生かすためにはいったいどうすればいいのでしょうか?。けっして難しいことではありません。互いに得意なことに徹し、互いに得意でないものは人にお願いするということです。

 

ではどうすれば、得意なものと得意でないものを互い理解し合うことができるのでしょうか?。これも別段、難しいことではありません。詮索したりせずに直接その人に聞けばよいのです。同時に自分のことも伝えればいいのです。今日は、同僚の強み、上司の強み、自分の強みの中身について、「知ってもらう知っていく」という取り組みをいたしました。

 

  1. 同僚の強みは何か
  2. 上司の強みは何か。
  3. 自分の強みは何か
  4. 最大の成果をあげるために仕事をどのように配分すればいいか

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.