ホーム  > 経営コラム  > 人が育つ文化を築く

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


人が育つ文化を築く

マネジメントの役割2.jpg

学習は、学習する者が学ぶことによってのみなされる。
学習は教師によってなされ得るものではない。
教師はせいぜい学習の助けとなるだけで、
むしろ学習の邪魔になることすらある。

ピーター・ドラッカー

現実から学ぶことで現実に役立つ知識を形成する

 

ドラッカー5つの質問_トップ.jpg

今日は、某企業の経営会議でした。
社員の育成がテーマになりました。
優秀な組織は優秀な人材を輩出します。
それは、わたしたち人間が生まれ持つ向上心と
相まって、わたしたち人間が持つ社会性が
周囲への協調を促進させるからです。

 

一方、組織は人の集まりであるゆえに、
人の成長こそが組織の成長を築くという見方もできます。
大事なことは「人を育てること」よりも「人は育つ」ということです。

 

50年前の労働のほとんどが体を動かす類のものでした。
現在は、情報を使った思考労働が大半を占めています。
ドラッカーは1960年代に、体を動かす類の労働を単純労働、
情報を使った思考労働を知識労働という新しい言葉をつくり出し、
新しい時代の到来を言語化されました。

 

仕事のあり方が変われば、学び方も変わっていかざるを得ません。
ドラッカー教授は、知識社会にあって、
アクションラーニングというものを生み出しました。

 

アクションラーニングとは、現実から学ぶことによって、
現実に役立つ知識を形成していこうとするものです。
ドラッカーはこう言っています。

 

学習は、学習する者が学ぶことによってのみなされる。
学習は教師によってなされ得るものではない。
教師はせいぜい学習の助けとなるだけで、
むしろ学習の邪魔になることすらある。
ピーター・ドラッカー

 

 

"学習は学習する者が学ぶことによってのみなされる"
とのドラッカー教授の至言は「人を育てること」よりも
「人が育つ組織の文化をつくりあげる必要性を強調しています。
人が育つ組織の文化をつくることは、経営者の仕事です。
ぜひ、人が育つ組織の文化の形成に時間を費やしてください。

 

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.