ホーム  > 経営コラム  > 誰もが陥る間違いとは

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

経営者は経営しなければならない。ピーター・ドラッカー


誰もが陥る間違いとは

経営者の条件2

優先順位の決定には、いくつか重要な原則がある。
すべて分析ではなく勇気に関わるものである。
第一に、過去ではなく未来を選ぶ。
第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。
第三に、横並びではなく独自性をもつ。
第四に、無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

今日とは違う明日を創り出すために

 

前回、「トップたるものは自らの仕事に優先順位をつけなければならない」、というお話しをさせて頂きました。今回はその続きです。仕事の優先順位を考える際、誰もが仕事をリストアップすることから始めます。リストアップする時に陥りやすい間違いは、いま行っている仕事だけをリストアップしてしまうことです。

 

自分の組織がまだ手を付けていない機会は何か。自分たちの事業の独自性を高めるためにできることは何か。自分の組織がやるべき変革とは何か。仕事をそのような視点で検討しないまま、仕事をリストアップし、リストアップされた仕事に、「重要性の高いものと低いもの」と「緊急性の高いものと低いもの」という物差しだけで、考えを進めてしまうのはあまりにも危険過ぎます。それは過去に起因する仕事だけに追われるものになってしまうからです。

 

事業の未来を見据えたうえで、今まで行なっていた仕事を廃棄し、今まで行っていない仕事を加えたうえで、優先順位を決めていってください。そうすることによって、事業の可能性がより高まるからです。優先順位を決定する際の基準をドラッカー教授は次のように教えてくれています。今日とは違う明日を創り出すために、ご自身の仕事に優先順位をつけてみてください。

 

  • 第一に、過去ではなく未来を選ぶ。
  • 第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。
  • 第三に、横並びではなく独自性をもつ。
  • 第四に、無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.