ホーム  > 経営コラム  > 某銀行の頭取からこんな質問が・・・

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


某銀行の頭取からこんな質問が・・・

幹部会議.png

経営者には、外部の人間の客観的なアドバイスが必要である。意思決定について話し合い、耳を傾けることのできる相談相手を必要とする。 ただしそのような人間は社内ではめったに見つからない。経営者の判断や強みを問題にできる外部の人間が必要である。 。
ピーター・ドラッカー『イノベーションと企業家精神』

某銀行の頭取からこんな質問を頂きました

 

コンサルティングと研修の違いは何ですか?。某銀行の頭取からそんな質問を頂きました。事実、研修を実施することでコンサルティングと称しているコンサルティング会社もあります。コンサルティングと研修の違いをたとえて言うと、「野球をする」と「野球のルールを知る」、「海で泳ぐ」と「泳ぎ方を知る」、「外人と会話する」と「英語を学ぶ」、「患者を治療する」と「医学を学ぶ」、と言った違いです。

コンサルは、御社に必要な経営課題に沿った「支援」です。経営者の仕事は意思決定することですから、意思決定、行動決定、目標決定を行います。具体的な課題を取り組み、検討と意思決定の積み重ねによって、「〇〇が良くなった」という変化が生れます。それに対して、研修は、いわゆるプログラムに沿った「学習」です。研修は学ぶ場ですから、意思決定、行動決定、目標決定は何も行いません。用意されたものを学び、気づきと発見の積み重ねによって、「理解が深まった」という知識が得られます。

どちらがいいか悪いかではなく、目的によります。つまり、「得たいもの」によってふさわしいものが決まります。「現状を変えたい」とお考えの場合は、コンサルがおススメです。「方法論や知識」を身に付けたい場合は、研修がおススメです。コンサルティングと研修は、まったく別のものなのです。「コンサルティングと研修の違いは何ですか?」というご質問に対して、このようにお話したら、某銀行の頭取にわかって頂けました。


研修(例)
  • 経営者としての知識が分ります。
  • 経営者としての仕事が分ります。
  • 理念を共有する重要性が分ります。
  • お客様の分析方法がわかります。
  • 従業員の意欲を高める方法が分ります。
  • 時間管理のやり方が分ります。
  • 経営計画の立て方が分ります。
  • 経営目標8つの領域が分ります。
  • 永続的成長7つの事が分ります。
  • 収益を高める2つの方法が分ります。
  • 強みを生かす重要性が分ります。
  • 戦略の立て方が分ります。
  • 組織のつくり方と手順が分ります。
  • 組織力を発揮する方法が分ります。
  • 成果をあげる5つの習慣が分ります。
  • 意思決定7つのステップが分ります。
  • 経営基盤の重要性が分ります。
コンサルティング(例)
  • 経営者としての力が養われます。
  • 経営者としての成果が生れます。
  • 共有された理念が作られます。
  • 理想とするお客様が明らかになります。
  • 従業員のやる気がさらに高まります。
  • 時間の使い方に無駄がなくなります。
  • 立てた経営計画が実行されます。
  • 8つの領域に経営目標が立ちます。
  • 永続的成長7つの事が実践できます。
  • 収益を高める2つの予防策が打てます。
  • 強みが生かされ成果になります。
  • 御社に最適な戦略が導き出されます。
  • 成果を生む組織が構築されます。
  • 組織力を最大化する運営ができます。
  • 成果をあげる5つの習慣が身に付きます。
  • 成果を生む意思決定が身に付きます。
  • 強固な経営基盤がつくられます。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.