ホーム  > 経営コラム  > 職場の人間関係を考える

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


職場の人間関係を考える

マネジメントの意味マネジメントとは.jpg

人間関係に優れた才能をもつからといって、よい人間関係がもてるわけではない。
自らの仕事や人との関係において、貢献に焦点を合わせることにより、
初めてよい人間関係がもてるのである。

ピーター・ドラッカー

 

働く人は仕事をするために職場に行っている

 

人間関係の良し悪しによって、
人と人が助け合う社会になるか、
闘争に明け暮れる社会になるかが
決まってしまうことは事実です。

 

職場で知り合い友人になったという
個人的な関係を除けば、職場の人間関係において、
おおよそ仕事と関係ない人間関係などありません。

 

企業の目的は、事業を通じて
喜んで頂く人を増やすことです。
けっして働く人を幸せにすることそのものが
目的ではないはずです。

 

自分が幸福な団体になることではもありません。
働く人は、幸福になるために
職場にいっているわけではありません。
仕事をするために職場に行っているのです。

 

どんなに事業が繁栄しなくとも、
どんなに業績が悪くても、人間を人間として扱うなら、
いい人間関係が得られる。
こんな考えが成り立つはずがありません。

 

企業が、人を雇い、人に仕事を与えることができるのは、
お客様がいるからです。そこに事業の繁栄があるからです。
国が崩壊してしまえば、国は国民を国民として
扱う力を失ってしまうのと同じように、
会社も経済力が崩壊すれば、
働く人を働く人として待遇する力を失ってしまいます。
したがって、職場の人間関係とは、
事業の繁栄なくして成り立たないのです。

 

誤解を招かないように補足をしますと、
事業を最優先すべきという考えは、
職場の人間関係を軽んじていいということではありません。
職場の人間関係を重んじるあまり、
事業の繁栄をないがしろにしては
元も子もないとお伝えしたいのです。

 

職場の人間関係は、組織全体に
貢献しようとする意欲を起こさせ、
組織全体に貢献する働きを活発にさせることといえます。
また、一人ひとりが自分の強みを生かし、
一人ひとりが他者の強みを生かすことによって
成果をあげるために手段なのです。
優先すべきは、人間関係ではなく事業の繁栄なのです。

 

 

日本に来たドラッカー-初来日140.jpg
詳しくは、こちら でお読みになれます

日本に来たドラッカー 初来日編 (山下 淳一郎)

この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。
ジム・コリンズ

>詳しく見る 

 

ドラッカーをもっと知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.