ホーム  > 経営コラム  > 人材育成の教科書(ダイヤモンド社)

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


人材育成の教科書(ダイヤモンド社)

山下淳一郎ダイヤモンド社90.jpg

トップマネジメントの仕事は、その範囲、必要とされている
スキルと気質、仕事の種類において、 一個人の能力を超える。
ごく小さな事業を除くあらゆる事業においてCEOの仕事は
一人の仕事として組み立てることは不可能である。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーのコンサルティング

 

新将命氏が巻頭で推薦コメントを寄稿

会社に存在しているだけの「人在」、素材としての期待は高い「人材」を、
会社の財産である「人財」にするには教育が必要だ。
「人在」も「人材」も会社の大事な資産である。
資産であれば価値を高めるのが当然だ。
優良資産の「人財」にするのも、不良資産の「人罪」にしてしまうのも、
会社の教育次第だ。

国際ビジネスブレイン代表・新将命

 

トップマネジメントに必須を経営脳を鍛える 山下 淳一郎

現在、もてはやされているマネジメント研修の中には、
流行に乗っただけのも少ないない。
トップマネジメント代表の山下は言う。

 

「マネジメント教育とは、長期にわたって成果を
もたらし続けてもらうため、適切な判断ができる人材を
つくり上げることです」。

 

将来にわたって会社を発展させていくためには、
経営陣全員が心を合わせなければならない。
違う人間が、
共通目的のもとに
一つの集団となるためには
マネジメントが必要、

 

会社全体のマネジメントをトップマネジメントといい、
トップマネジメントを担う集団を
トップマネジメントチームという。
経営はチームで行うものだ。


山下は、トップマネジメントチームのメンバーに対し、
まず「必ず主語をわが社にしましょう」と
申し合わせをすることからスタートする。
なぜ、主語を「わが社」とするのか
以上、一部紹介ではございます。

 


明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.