ホーム  > 経営コラム  > 自社が抱える問題についての理解

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


自社が抱える問題についての理解

201302091.jpg

意思決定は機械的な仕事ではない。リスクを伴う仕事である。それは判断力への挑戦である。大切なことは、問題への答えではなく、問題についての理解である。成果をあげるために、ビジョン、エネルギー、資源を総動員することである。
ピーター・ドラッカー

こうして問題についての理解が深まる

 

例の件はこーしよう。トップにそう言われると、たとえいろいろな考えがあっても思考は停止し、そうですね!、となってしまうものです。トップは不思議な説得力がありますからね。また、あの件はあーしていこう。専務がそう言うからには深い裏付けがあるに違いないと安心し、様々な迷いがあっても、はいそうしましょう!、と思ってしまうものです。時間が過ぎるとそう決めたものの後になってこの方が良かったと言う考えが浮かぶことがあります。それは、適切な意思決定に至っていなかった表れです。では適切な意思決定をしていくためにはどうすればいいのでしょうか?。

ドラッカー教授はこう言っています。「意思決定は機械的な仕事ではない。リスクを伴う仕事である。それは判断力への挑戦である。大切なことは、問題への答えではなく、問題についての理解である。成果をあげるために、ビジョン、エネルギー、資源を総動員することである」。私たちはつい問題への答え」を決めてしまいがちですが、大切なことは「問題への答え」の前に「問題についての理解」です。

現在、ある企業にコンサルティングとして月に1回訪問しています。コンサルティング=教えることではありません。その企業では、まず基本と原則を知って頂くことからスタートしました。基本とは物事が成り立つおおもとのことで、原則は結果を左右する拠り所となるものです。基本と原則のレクチャーを行なったあと「様々なドラッカーの問い」に対して、事業や組織について経営チームで話し合って頂き、最終的に意思決定して頂いています。その後必ず、経営チームの方々に、協議で得た事を書いてもらい、書いたことをお互いに共有してもらっています。そのメリットは、自社が抱える問題についての理解が浮き彫りになことです。その結果、適切な意思決定に至ることができます。ぜひ試してみてください。

  • 自分の考えを文字にするによって自分の学びがより鮮明なものになります。
  • 自分の考えを文字にするによって自分の学びを自分に刷り込むことができます。
  • 自分の考えを文字にするによって瞬間の学びを永遠の財産にすることができます。
  • 自分の考えを文字にするによって自分の考えを保存しておくことができます。
  • 参加者同士で共有することによって見落としていたものを拾うことができます。
  • 参加者同士で共有することによって同じことを別な角度から観ることができます。
  • 参加者同士で共有することによってお互いの思考がさらに高まります。
  • 参加者同士で共有することによってお互いの理解がさらに深まります。
  • 参加者同士で共有することによってお互いの視点がさらに広がります。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.