ホーム  > 経営コラム  > 事業に対する意見を交わせる場

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


事業に対する意見を交わせる場

トップマネジメント011.jpg

仕事と人のマネジメントを誤るならば、いかにトップマネジメントが巧みに事業をマネジメントしようとも、もはや事業上の成果は期待しえない。仕事と人のマネジメントに失敗したのでは、いかなる成果といえども、幻影というべきであって、無意味である。
ピーター・ドラッカー

事業に対する意見を交わせる場

 

今日も「一時的な対処法」ではなく「普遍的な基本と原則」をお伝えします。経営方針は立てたが現場の業務は変わっていない…。経営目標は曖昧なものだがそれでいいんだろうか…。経営計画を立てたがこれでよかったのだろうか…。経営者は、いかに巧みに事業をマネジメントするかに頭をフル回転させながら、日々の人材育成に頭を悩ましています。人材を育てながら、事業を繁栄させていくためにどうすればいいのでしょうか。

ドラッカー教授はこう言っています。「仕事と人のマネジメントを誤るならば、いかにトップマネジメントが巧みに事業をマネジメントしようとも、もはや事業上の成果は期待しえない。仕事と人のマネジメントに失敗したのでは、いかなる成果といえども、幻影というべきであって、無意味である」。仕事と人のマネジメントは、「いかに社員を動かすか」ではなく「いかに社員が動きやすい様にするか」ということです。

会社は人間組織です。成果をあげるためには、「生きた話し合いの場」が必要です。う話し合いとは、「事業に対する意見を交わすこと」ということです。ほとんどの話し合いが、機械的な売上の報告、定例化された業務の連絡になってしまい、事業に対する生きた考えが交わされていないのが現実です。事業をマネジメントし、成果をあげていくために、「事業に対する意見を交わせる場」を持たれることをお薦めします。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.