ホーム  > 経営コラム  > 人は「加点主義」で伸びていく

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


人は「加点主義」で伸びていく

マネジメントの役割2.jpg

人こそ最大の資産である。あらゆる資源のうち人が最も活用されず、その潜在能力も最も開発されていない。現実には、人のマネジメントについて従来のアプローチのほとんどが、人を資産としてではなく、問題、雑事、費用あるいは脅威として扱っている。
ピーター・ドラッカー

千房株式会社の社長がされてること

 

「伸びている人には共通点があります。それは誰かの引立てがある。必ず目をかけてもらっている。人間、自分のことを信じ、伸ばそうとしている人がいると、本当に力を発揮します。元気も出ます。人は、こちらが信じれば、必ず応えてくれます」。こう語るのは、日本有数のお好み焼きチェーンの千房株式会社中井社長です。特に、採用に関しては、徹底して人柄を重要視し、「比べず、焦らず、諦めず、」を信条として接しているそうです。実際、優れた人材の育成に成功し、事業を繁栄しています。

ドラッカー教授はこう言っています。「人こそ最大の資産である。あらゆる資源のうち人が最も活用されず、その潜在能力も最も開発されていない。現実には、人のマネジメントについて従来のアプローチのほとんどが、人を資産としてではなく、問題、雑事、費用あるいは脅威として扱っている」。こちら側の「人材に対する考え方、あり方、接し方を変えれば、良い採用を行い、人は強みを活し、成長します。

募集をかけたがいい人材からの応募がない…。採用したが期待外れだった…。入社してもらったが成果をあげてくれない…。仕事は慣れてくれたが成長していない…。経営者にとって人材に関することは常なる悩みの種です。組織は人間の集まりですから理屈通りいきません。一方で、人材のマネジメントを見事にうまく行っている会社は数多くあります。うまくいっている会社が行っていることから参考にしてください。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.