ホーム  > 経営コラム  > それは、畑違いの人間で成り立つ

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


それは、畑違いの人間で成り立つ

経営チーム_ドラッカー.jpg

トップマネジメントがチームとして機能するには、いつくかの厳しい条件を満たさなければならない。チームはシンプルではない。仲の良さで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

経営チームが機能するには!?

 

今日は、「経営チームが機能するには」、というテーマでお話しさせていただきます。経営チームは畑違いの人間の総和で成り立ちます。たとえば、商品開発、マーケティング、技術、財務、人事といったように、異なる専門分野の人たちで構成されます。専門分野が違えば「考え方」が違いますし、職種が違えば「見ているもの」が違いますし、役割が違えば「見えるもの」が違います。加えて担っている責任が違えば「ものの見方」が違います。同じビルの中にいても1階から見える景色と10階から見える景色が違うのと同じように、同じ組織で同じ事業を進めていても、チームのメンバーはそれぞれ、「見えるもの」と「見ているもの」がまったく違います。

ボードメンバーのミーティングでは、お互い「見えているもの」、「見ているもの」が違うために、話が噛み合わい状況になりがちです。その結果、、「僕はそう思わない」、「私の考えは違う」、といった否定の言葉が出やすい場です。私はいろいろな企業のボードメンバーのミーティングに同席させていただいております。実際、ボードメンバーが相反する場面は日常茶飯です。意見の食い違いは、お互いの視野が広がるので価値があることです。その一方、意見の食い違いが度重なると、人間関係が壊れる火種までに発展することもあります。チームとは、言葉は柔らかですが言うほど簡単ではないのです。

ドラッカーはこう言っています。「トップマネジメントがチームとして機能するには、いつくかの厳しい条件を満たさなければならない。チームはシンプルではない。仲の良さで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。」経営チームはあるだけでなく、チームとして機能しなければならないのです。事業の繁栄のために、経営チームをチームとして機能させていってください。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.