ホーム  > 経営コラム  > 成果を上げる5つの習慣とは?

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


成果を上げる5つの習慣とは?

istockphoto_7530150-busy-ma.jpg

成果をあげることは、一つの習慣である。
実践的な能力の積み重ねである。
実践的な能力は、修得することができる。
それは単純である。あきれるほどに単純である。
ピーター・ドラッカー

長年にわたって培われてきたやり方を変えるところから


経営チームトップマネジメント10.jpg

どうすればさらに事業を成長させることができるか。
どうすればさらに組織の繁栄させることができるか。
どうすればさらに人材を育成することができるか。
自分をさらに成長させていくために何が必要か。

 

経営者、事業を成長させるために、
常に何かを考えていることと思います。
社長に限らず、取締役、執行役員の方々も同じです。
成果をあげるために特別なスキルや才能が
必要であるかのような考えに陥ってしまうことがあります。
どんな能力を身に付ければいいのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

成果をあげることは一つの習慣である。
実践的な能力の積み重ねである。
実践的な能力は、修得することができる。
それは単純である。あきれるほどに単純である。
ピーター・ドラッカー

 

成果をあげるために必要なのことは、
特別なスキルや才能ではなく習慣だと、
ドラッカーは教えてくれています。
ドラッカーが65年間コンサルティング活動と通して、
お会いしてきた多くの経営者を見てきた現実から
言われている結論です。

 

習慣とは「慣れたやり方」です。
長い間やってきたものだけにそれを変えることは
簡単ではありませんが、修得することができます。

 

ドラッカーが示されている成果をあげる習慣とは次の5つです。
どんな会社にも長年にわたって培われてきたやり方があります。
一人で努力を積み重ね、一人で習慣化しても会社は変わりません。
習慣は、共に働く人ともに変えていかなければなりません。
この5つを習慣にするようチームで取り組んでください。

 

  1. 雑務を捨てる。
  2. お客さんに喜んでもらうことだけを考える。
  3. 自分の得意な行動に徹する。
  4. 一番大切ことに集中する。
  5. 責任ある判断をする。

 

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,800円(税別)

『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。
この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.