ホーム  > 経営コラム  > 部下の成長のために優先すべきもの

ドラッカーの名言

社長様に経営のヒントをお伝えしています。山下 淳一郎


部下の成長のために優先すべきもの

人材育成 ドラッカー

自らの成長のために、最も優先すべきは、卓越性の追求である。
そこから充実と自信が生まれる。能力は仕事の質を変えるだけでなく、
人間そのものを変えるがゆえに重大な意味をもつ。

ピーター・ドラッカー

部下から見た上司はこう映る

 

経営チーム9007.jpg
  • うちの社長は何でも自分でやろうとしている…。
  • うちの社長は多くの仕事を一人で抱えてしまう…。
  • うちの社長は一人すべて仕切ろうとしている…。
  • うちの社長はもっとこちらを頼ってくれればいいのに…。

 

これはあるビジネスマンからお聞きした言葉です。
かつて、マネジメントは管理だと習い、
マネジメントは部下をうまく動かすことだと
教えられてきました。

 

さらに、上司はマネジメント側で、
部下はマネジメントされる側である、
という考えを刷り込まれ、
マネジメントは上司が部下に行うという、
もっともらしい間違った考えを詰め込まれてきました。

 

その方曰く。いびつな知識を詰め込まれた人は
自滅してしまう、というお話してをされていました。

 

その方の言葉は続きました。
”自分を最大限に発揮して成果をあげたいと願っている。
それにストップをかけているのが上司である場合が多い。
上司本はそんなことを気付かない”。

 

マネジメントは、「人に行なうもの」ではなく
「人と共に行うもの」です。
「人と力を合わせて成果をあげるもの」です。

 

加えて、上司は部下の力を借りて組織で成果を上げ、
部下も上司の力を借りて組織で成果を上げのが、
マネジメントです。

 

マネジメントは「自分の持っているものを
最大限に発揮して人と力を合わせて成果をあげるもの」です。
社員さんが仕事に求めているもは、
「仕事を通して成功すること」です。

 

社員さんにもっともっと成長してもらうために
大切なものは何でしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

自らの成長のために、最も優先すべきは、卓越性の追求である。
そこから充実と自信が生まれる。能力は仕事の質を変えるだけでなく、
人間そのものを変えるがゆえに重大な意味をもつ。
ピーター・ドラッカー

 

 

卓越性とは、「強み」です。強みに徹すれば自信が生まれる。
一人が変わればその変化は組織全体にいい影響を与えます。
今日から一人ひとりの強みを活かす為に
具体的なアクションを起こしていってください。

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーをもっと知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.